時計

2011/03/24

世界初!1/1000秒を計測出来る機械式腕時計

スイスのバーゼルで開催されている世界最大の時計見本市「BASEL WORLD 2011」にて、タグ・ホイヤーが、1/1000秒単位で計測が可能なクロノグラフ機能を搭載した機械式腕時計を発表しました。

Mikrotimer Flying 1000

1つのムーブメントの中に時計機能用とクロノグラフ機能用2つの駆動システムを搭載し、クロノグラフ機能の心臓部であるバランスホイールは毎時360万振動と一般的な機械式腕時計の100倍以上の振動数を誇り、センター針が1秒間に10回転して1/1000秒単位で時を刻みます。

110325_01

1/1000秒単位で計測出来るクォーツ式アナログ時計というのは一応存在するものの計測中の針の動きは1/100秒単位まで、計測中も1/1000秒単位で針が進むアナログ時計は機械式はもちろんクォーツ式を含めても世界初。

ただし、テンプを毎時360万振動(500Hz)で動かすには相当なトルクを必要とするため、クロノグラフ機能の動作時間はわずか150秒となっています。

市販モデルではなく、コンセプトモデルとしての発表ですが、タグ・ホイヤーがバーゼルワールドで毎年発表しているコンセプトモデルは数年以内に市販化されるのが通例なので、この「MIKROTIMER FLYING 1000」も数年後には市販される可能性大。

市販されるとしても、今年1月に発表された1/100秒単位で計測出来る「カレラ マイクログラフ 1/100th クロノグラフ」は予価525万円、2004年に発表されたコンセプトウォッチ「Monaco V4」はその後2009年に定価840万円で市販化されたので、今回のコンセプトモデルもそれなりの価格になることが予想されます。

110325_02

2010/01/14

世界最速?パネライ 2010年新作モデル画像

情報元:
公式サイトの設定ミスで正式発表前に数時間だけ外部から見られる状態になっていた新作モデルの画像と某ショップのミスで数時間だけうっかり公開してしまった価格表より。

2010 PANERAI NEW Model photos and prices.

Pam00335
PAM00335 Luminor 1950 44mm P2003 Ceramic JPY1,795,500

Pam00347
PAM00347 Luminor 1950 P9002 Steel Black Dial Metal Bracelet JPY945,000

Pam00351
PAM00351 Luminor 1950 Marina 44mm P9000 Titanium JPY745,500

Pam00352
PAM00352 Luminor 1950 Marina 44mm P9000 Titanium Bracelet JPY892,500

Pam00359
PAM00359 Luminor 1950 Marina 44mm P9000 Steel JPY682,500

Pam00361
PAM00361 Luminor 1950 44mm Flyback Steel JPY903,000

Pam00362
PAM00362 Luminor 1950 44mm Rattrapante Steel JPY1,207,500

Pam00365
PAM00365 Luminor 1950 Tourbillon Equation of Time Titanium 50mm JPY20,895,000

Pam00323
PAM00323 Radiomir 47mm P2003 Steel JPY1,470,000

Pam00336
PAM00336 Radiomir 42mm Pink Gold P.999 JPY1,627,500

Pam00337
PAM00337 Radiomir 42mm Steel P.999 JPY682,500

Pam00338
PAM00338 Radiomir 42mm Titanium P.999 JPY766,500

Pam00346
PAM00346 Radiomir 8Days 45mm P2002 Titanium JPY1,207,500

Pam00348

PAM00348 Radiomir P2005 Ceramic 48mm JPY15,330,000

Pam00355
PAM00355 Radiomir 42mm GMT/Alarm Steel JPY955,500

SPECIAL EDITIONS

Pam00339
PAM00339 Radiomir Composite Marina Militare P2002 47mm JPY1,407,999

画像なし
PAM00343 Radiomir Regatta 1/8 Second Titanium 47mm JPY1,701,000

画像なし
PAM00029 Luminor GMT Steel 44mm JPY682,500

Pam00300
PAM00300 Mare Nostrum Steel 52mm JPY3,502,800

1/18:PAM00365,PAM00339,PAM00300の画像追加

2009/07/30

ルパンの次元大介愛用の腕時計

1971年に放送されたTVアニメ ルパン三世 第1シリーズ第1話「ルパンは燃えているか・・・・?!」で次元大介がしていた腕時計の復刻版が数量限定で発売されました。

これがルパン1stシーズン1話で次元大介がしていた腕時計。

090728_01
ルパン三世 first- TV. BD-BOX [Blu-ray]より

ブランドロゴが「ENIT」となっているけれど画像のコントラストを調整すると…

090728_02

ZとHの文字がくっきりと浮かび上がってきます。
大人の事情でブランド名の一部が塗り潰されていたんですね。

AutomaticやEl Primeroの綴りが一部異なっているものの、この腕時計はスイスの名門時計メーカー ZENITH(ゼニス)社が1969年に発売した「A384」というモデルです。

「A384」は毎時36,000振動を誇るハイビート自動巻クロノグラフ用キャリバー「エル・プリメロ」を最初に搭載したモデルで、ちょうど今年は「エル・プリメロ」誕生から40周年にあたります。
これを記念してA384の復刻版ともいえる40周年記念限定モデル「ニュー・ヴィンテージ1969 オリジナル」が発売されました。

ケース素材とデザインがそれぞれ異なる3モデルがラインナップされており、生産数量は3モデル合計で1,000本、うち日本への割り当て分は約100本。

090728_03
世界限定500本のSSモデル、インダイヤルの微妙な色合いが美しい

ケースサイズはオリジナルより3mmサイズアップした40mm、ケースデザインはA384、文字盤については同年代のA386のデザインも一部取り入れているようです。

090728_04
厚みのあるサファイアクリスタルの風防がクラッシックな雰囲気

090728_05
裏はシースルーバックでシリアルナンバー入り

バーゼル発表直後に予約していたこともあってシリアルナンバーは1桁ではないもののかなり若い番号でした。

ちなみにオリジナルのA384は今年2月に発刊されたゼニス関連書籍の表紙にもなってます。
この本によると、A384は1969年から1971年までの3年間でわずか2,500本が製造されただけだそうです。

2008/11/29

円高・ユーロ安で海外ブランド続々値下げ

NIKKEI NET:円高・ユーロ安でルイ・ヴィトンが7%値下げ

このところの円高・ユーロ安をうけ、LVMHグループのルイ・ヴィトンがバッグ、時計、洋服、靴などほぼ全商品を対象に平均7%の値下げを実施したそうです。
また、同じくLVMHグループのタグ・ホイヤーなども10%程度の値下げを実施する模様。

リシュモングループのカルティエやモンブランは既に約10%の値下げを実施しているようで、同グループのオフィチーネ・パネライも11月21日より平均10%の値下げを行ったとのこと。

このままユーロ安が続けば来年春頃にも再度10%程度の値下げがありそうなので、そうなったらまたパネライ買おうかなぁ。

2008/11/10

-148℃~+260℃の環境下でも使える腕時計

専用のアルミ製アウターケースを装着することで-148℃~+260℃という過酷な環境下でも使えるという機械式腕時計です。

081103_01

1965年にNASAの公式時計として採用され宇宙での船外活動に使用されていたオメガのスピードマスターですが、1970年代初頭により厳しい環境に耐えうる時計を目指して開発されたのがスピードマスターに専用のアウターケースを装着するこのアラスカプロジェクトです。
当時プロトタイプが1つだけ作られてNASAに提案をしたそうですが、NASAの返答は「すでにスピードマスターという完璧な時計があるから必要ない。」ということで、正式に採用されることはありませんでした。

このプロトタイプを忠実に再現したモデルが世界限定1970本で発売されました。
レマニア社の手巻クロノグラフ・ムーブメントCal.1861を搭載したスピードマスターに専用のアルミ製アウターケースと専用のベルクロストラップ2本、交換用のSSベゼル、交換用工具が付属し専用ケースに収められています。

日本への割り当ては180本で価格は651,000円(税込)、2008年8月末よりデリバリー開始され10月末に全数出荷完了したそうです。

スピマスの風防ってプラスチックなんですが、アウターケースを装着しても風防部分は剥き出しなんだけど本当に大丈夫なんだろうか…

2008/10/06

ハドソンのシュウォッチ復刻版を買ったよ

ハドソンのオンラインショップ「ハドソンスタイル」で先行販売された復刻版の「シューティングウォッチ」が届きました。

081006_03
価格は1,680円

081006_04
懐かしすぎる、シュウォッチプロのシールも付属

連射測定が出来る「シューティング」モード、時計表示の「ウォッチ」モード、100分の1秒まで計れる「ストップウォッチ」モード以外にオリジナルのシュウォッチに搭載されていたシークレットモード「シークレット:1」と「シークレット:2」も再現されています。
シークレットモード出現法則も当時と同じ、シューティングモードで62でシークレット1解除、160以上でシークレット2解除となっています。

ということで分解してみた。

081006_05
樹脂製筐体はかなりしっかりしています

081006_06
メイン基板はこんな感じ

パターン上にJP1とJP2があるけどここを短絡させたら何かいいことあるかな?
たぶんシークレットモード1と2の強制ONだとは思うけど、バリエーションモデルとしてシュウォッチプロも計画されていてその切り替え用のジャンパーだったりして。
10/7追記:パターンをよく見るとpullupとかpulldownの切り替え用ジャンパーじゃないみたいなのでモードの切り替え用ではないようです。

一般販売は12月18日からで現在Amazonで予約受付中となっています。

Amazonで予約:シューティングウォッチ

関連
高橋名人公式BLOG『16連射のつぶやき』:シュウォッチ、新旧比較

2008/09/08

Breguet Type XXI買ったよ

がんばった自分へのご褒美(笑)に機械式腕時計を購入。
時計オタクとしてやはり、時計の進化を2世紀早めたと云われる天才時計師アブラアン・ルイ・ブレゲの名前を冠した腕時計を1本は所有しておかなければ、ということでBreguetの中でも比較的購入しやすいType XX / XXI Collectionにしました。

080906_01

初めはアエロナバルにしようと思ったいましたが、パネライのデカ厚に慣れたせいでサイズ的に物足りなさを感じたのとType XXIのデザインの方が気に入ったのでType XXIを購入。

080906_02

正規代理店での購入なので、パリのヴァンドーム広場にあるブレゲ・ミュージアムの地下に厳重保管されている顧客台帳に名前を登録出来るという特典付きです。

080906_03
この申請書に必要事項を英語もしくはフランス語で記入して送れば、マリー・アントワネットやナポレオン・ボナパルトなど歴史的な著名人らと共にブレゲの顧客として永遠に名前が残ることになります。

2008/05/15

パテック・フィリップの腕時計、2億3千万円で落札される

Ameba News:P・フィリップの腕時計、2億3000万円で落札

サザビーズのオークションにて、パテック・フィリップ社製の腕時計が2億3千万円で落札されたそうです。

フェラーリのモータースポーツ部門スクーデリア・フェラーリの社長で元レーサーのCount Carlo Felice Trossi氏が所有していたクロノグラフ腕時計とのこと。

サザビーズのオークションカタログからするとこれ↓のようです。

080515_05

先日は同じくパテック社のグランド・コンプリケーションモデル スカイムーン・トゥールビヨンが1億5千万で落札されてましたが、グランド・コンプリケーションでもない時計で2億円を越すところがさすが世界最高峰の時計ブランド パテック・フィリップといったところ。

2008/04/03

世界最大の時計見本市バーゼルワールド2008が本日より開催

時計見本市としては世界最大規模のBASELWORLD(バーゼル国際時計・宝飾品見本市)が本日4月3日から10日までの日程で開催されます。

同じく世界最大規模の時計見本市SIHH(ジュネーブサロン国際高級時計見本市)の方は4月7日から12日の予定となっています。

時計フォーラムTimeZoneの特設フォーラム「2008 Baselword & SIHH」では、バーゼルワールド2008とジュネーブサロン2008で発表展示される新作時計の情報や画像が大量に投稿されています。

ブレゲ社が「ブレゲNo.160 マリー・アントワネット」の復刻モデルをバーゼルで発表するとか、さらに昨年11月に見つかった「ブレゲNo.160 マリー・アントワネット」のオリジナルモデルも同時展示されるなんていう噂もあるようですが、これが本当なら今年のバーゼルも大いに盛り上がりそうです。

で、個人的に注目してるのがZENITHの新モデル「ZERO-G Multi Dimensional Tourbillon」。

080403_01

カシオのGショックとあまり変わらないような見た目ですが、これでお値段約50万ドル(日本円で約5千万円)。

080403_02

ナタフがCEOになってから機構もデザインも斬新な時計を発表しているゼニスですが、今回のZERO-Gでは毎時36,000振動を誇るエル・プリメロベースのトゥールビヨンのキャリッジをジャイロによって常に水平に保つ機構を搭載しているそうです。

2007/11/01

復刻予定だったシュウォッチが(一旦)発売中止に

16SHOT:「シュウォッチ」発売中止についてのご案内とお詫び

20年前に発売されたシュウォッチこと「シューティングウォッチ」が生誕20周年ということで復刻販売されることになり予約を開始したのが今年の7月。

当初は9月中旬販売予定だったのが9月になって発売延期となり販売時期未定となっていましたが、品質が確保できないという理由で販売を一旦中止することになってしまいました。

ただし、完全に発売を諦めたわけではなく開発は続けているようで、今後販売の目処が立てば改めて告知を行い予約を行うとのこと。
20年前と現在では求められる品質基準も変わっているし、昔の製品を安い値段で復刻するのは大変なんだと思いますが、頑張って販売まで漕ぎ着けてもらいたいものです。

本日届いたお詫びメール

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「シュウォッチ」発売中止についてのご案内とお詫び
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

平成19年11月1日

株式会社ハドソン

日頃より弊社商品をご愛顧いただき誠にありがとうございます。

発売を予定しておりました連射測定器付時計「シューティングウォッチ」
につきまして、まことに勝手ながら発売を一旦中止させていただくこと
となりました。

弊社といたしましてはお客様に一日も早くお届けすべく鋭意努力して
まいりましたが、お客様に十分お楽しみいただける品質にすることが
できず、お手元にお届けする日程が未だ確定できない状況にございます。

お客様には大変長い間お待ちいただいているにもかかわらず、このよ
うな結果となりましたことを深くお詫び申し上げます。

(中略)

最後にこのたび「シューティングウォッチ」をご予約いただいたお客様
に多大なるご迷惑をお掛けいたしますことを深くお詫び申し上げます。

弊社と致しましては、今後このような事態が再発しないよう万全を期し
てまいりますので、何卒ご高配賜りますようよろしくお願い申し上げます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━