« PS Vitaシステムソフト3.63リリース | トップページ | PS4システムソフト4.06リリース、動作安定性の改善 »

2016/11/10

PS4 Pro CUH-7000を分解してみた

PS4 Pro買ったので分解してみました。

20161110_01
基板A面

20161110_05
APU "CXD90044GB"、約325平方mm

20161110_02
横が約22.6mm

20161110_03
縦が約14.4mm

20161110_08
HDMIトランスミッタはPanasonicの"MN864729"でCUH-1200やCUH-2000に載ってたのと同じ。トランスミッタ自体は18Gbpsまで対応していたようです。
あとBDドライブ制御用LSIもCUH-2000と同じ"R9J04G011FP1"でした。

20161110_16
CUH-1200やCUH-2000になかった新顔の石がCypressのUSB 3.0 HUB Controller "CYUSB3312-88LTXC"

20161110_07
基板B面

20161110_09
Samsungの8Gb GDDR5メモリ "K4G80325FB-HC28"、0.28ns (7Gbps)品でCUH-2000と同じ。

20161110_06
セカンダリープロセッサの型番は"CXD90036G"でこれもCUH-1200やCUH-2000と同じ。セカンダリプロセッサにはSK Hynixの4Gb DDR3 SDRAM "H5TQ4G83CFR-RDC" が表と裏に1個ずつ計2個(1GB)実装。

20161110_10

ヒートシンク

20161110_11
電源ユニット、出力電圧は+4.8Vが1.5A、+12Vが23.5A

参考:PS4 Slim CUH-2000のAPUは実測で約208平方mm (16mm×13mm)20161110_12

20161110_13

Xbox One SのAPUは実測で約241平方mm (17.2mm×14mm)20161110_14

20161110_15

« PS Vitaシステムソフト3.63リリース | トップページ | PS4システムソフト4.06リリース、動作安定性の改善 »

PS3/PS4を分解してみた」カテゴリの記事

コメント

元々PS4はHDMI 2.0に対応してたってことかな?


さっそくのターヘルアナトミアですかw

ターヘルアナトミア乙

HDDは何処のでしたか?
うちのProはHGSTでしたね。

>>元々PS4はHDMI 2.0に対応してたってことかな?
APU内部のディスプレイコントローラが対応していなかったのだと思います。

>>HDDは何処のでしたか?
うちのもHGSTのでした。

おお、同じでしたか^^
他にもTOSHIBAのHDDの方もおられる様ですね。
WDとシーゲイトは採用されていないのか少し気になりますね。

今気づいたけど基板の向きがこれまでと、
逆になってますね。

結局SATAまわりはちゃんと変わってるんですかね?

>HDMI トランスミッタは18Gbpsまで対応
だから旧PS4でもHDR対応出来たんですね。

CUH2100のPS4 500GB黒のスタンダードモデルが7/24より出荷されているようです。ヨドバシのネット販売で確認出来ます。

技適やFCC新たに取り直してるので中身が変わってるのは知ってるのですが、今さらProでない無印を買う気にもなれなくて手を出していません。
型番が3000とか大きく変われば買うかもしれませんが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« PS Vitaシステムソフト3.63リリース | トップページ | PS4システムソフト4.06リリース、動作安定性の改善 »