« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013/11/20

PS4システムソフト1.51リリース

PS4のシステムソフト1.51がリリースされました。
更新内容は、

  • 動作安定性の改善
  • システムUIの若干の改良

らしいです。
国内で発売されるまでにシステムソフトのバージョンはどこまでいってるんでしょうかね。DLNA、MP3、Blu-ray 3D再生まで対応してるといいんですけど。

2013/11/14

PS Vita TVを分解してみた

今日発売のPS Vita TVが届いたのでさっそく分解してみました。

裏ブタはネジ止め一切なし、ツメで止まってるのでこじ開けます。

20131114_01
左下のは無線LANとBluetoothのモジュール、PCH-2000に実装されてるモジュールと同じもの。

20131114_03
フタにもシールド、基板にもシールド

20131114_02

20131114_04
容量4GBのSAMSUNG製eMMC、その下はPCH-2000にもあったSCE製のLSI

20131114_05
こっちも厳重にシールドされてます

20131114_12
メインチップはさらにシールド

上部コネクタは左からACアダプタ、LAN、HDMI、USB、メモリカードスロット
右の大きなスロットはPS Vitaカードスロット

20131114_13
メインチップを覆っているシールドのフタを外したところ

左側の白い石は富士通セミコンダクターのスイッチングコントローラ「MB44C026A」で、初代のPS Vita PCH-1000に使われていたのと同じもの。
シールドに覆われたメインチップは型番が消えかけていて読めませんでした。
サイズは16*17mm、初代Vita PCH-1000からサイズは変わっていないと思われます。

【追記】4gamerの分解記事によると、メインチップの型番は「CXD5315GG」で初代Vitaと同じもののようです。
【速報】PS Vita TV発売。取り急ぎ分解してみた

非常にすっきりしてますね。分解していて面白くないぐらい。

20131114_14
クリックで大きめの基板画像 表

20131114_15
クリックで大きめの基板画像 裏

参考
新型PS Vita「PCH-2000」分解レポート。コストダウンと薄型軽量化に向けた努力の跡が窺える
【PC Watch】 「PlayStation Vita」ハードウェアレポート
PlayStation Vitaを分解してみた。内部構造にプロセッサなど,気になるところを写真でチェック

おまけ
以下は分解とは直接関係ないPS Vitaのメインチップに関して推測というか妄想。

chipworksの解析によると、初代PS Vitaに使われているメインチップ「CXD5315GG」はSiP(System in Package)で下図のような構造だそうです。

20131114_06

メインメモリ用DRAMの接続はワイヤ・ボンディング、SoC(CPU+GPU)とVRAMの接続はマイクロバンプで、VRAMにはWide I/O DRAMが使われているのではないかとchipworksは分析しています。

ブロック図にするとこんな感じ。

20131114_10

最近公開されたSCEIの出願特許【特開2013-210985】に、従来技術として上記と同じブロック図があります。
これは後藤氏の記事で"Hybrid (Flip-chip) Wide I/O Configuration"とされている構造です。

出願特許では発明技術として、VRAMとメインメモリ用DRAMをTSV技術で積層しワンパッケージ化し、新たに発明したメモリーコントローラ技術を使うことでCPUとGPUで別々だったメモリーバスをWide I/Oに統一、これにより部品コストと製造コストを下げると記載されています。
後藤氏の記事では"Stacked-TSV(DRAM Cube) Wide I/O Configuration"となっている構造ですね。

20131114_07

ブロック図

20131114_11

複数のWide I/O DRAMをTSVで積層してSoCの上に積むというのは、最先端の次世代3次元実装技術ですが、技術的な課題が多く高コストになるため未だ採用が進んでいません。

しかし、ソニーはTSV技術を使った積層型CMOSイメージセンサーを既に量産中で、過去にもPSPで当時最先端の積層技術CoCをメインチップに導入したという実績があるので、TSVの技術的な課題を克服し、新型PS VitaやPS Vita TVではこの技術を採用したメインチップが実装されている可能性も十分ありそうです。

などと妄想を抱きつつ分解をしてみましたが、当然というかさすがにチップ内部の構造までは分かりませんでした。

チップサイズが変わっていれば、積層Wide I/O DRAMとSoCをインターポーザ内部で接続する2.5D実装な可能性も考えられるのですが、サイズは変わっていないようで、外から構造を調べるのはちょっと無理な感じです。残念。

20131114_16
2.5D実装の構造

発煙硝酸で封止樹脂を溶かすという手もあるけれど個人ではそこまで無理ですね。

【追記】
4gamerの分解でメインチップの型番が初代Vitaと同じ事が判明。夢も希望もありゃしない。

2.5Dソリューションで勢いを増すワイドDRAM技術への流れ
次世代シリコンの3次元実装技術「TSV」
【SFJ】「Wide I/O DRAMへの期待外れる」、TSV技術の普及を阻むコストの壁
日経エレクトロニクス2013年9月16日号 特集 3次元LSIは消えたのか

2013/11/13

PS4システムソフト1.50配信開始、PS4ユーザーズガイドも公開

北米で明後日11月15日に遂に発売されるPS4のシステムソフト1.50のネット配信が始まっています。まあ日本では関係ないですが……。

容量は、アップデートファイルが約307MB、リカバリー用アップデートファイルが859MBとなっています。

内部バージョンは"01.501.000"と10月末にサーバの公開設定ミスから一時的に公開してしまったアップデートファイルからバージョンが0.001上がっています。

あとシステムソフト1.50に対応したPS4のユーザーズガイド日本語版が公開されています。

PlayStation 4 ユーザーズガイド

これによると、BD-R/RE XLメディアの読み込みには対応せず、主に日本のBDレコでしか使われていないBDAVやCPRMには1.50で既に対応済みのようです。
また、1.50ではBlu-ray 3Dの再生はまだ出来ないようです。

国内発売日には、バージョンも1.8ぐらいになっててDLNA対応されてたりするんですかねぇ。

2013/11/07

PS4の基板画像に分解解説動画、WIREDが分解記事を掲載

20131016japan0561_edit660x491

WIREDにPS4の分解記事が掲載されています。
See What's Inside the PlayStation 4 With These Exclusive Photos

日本語での分解解説動画も公開されています。
Watch Our Exclusive Teardown of the PlayStation 4

全体的なレイアウトはPS3 Slim(CECH-2000~3000)に似ています。Slimの天地を逆にしたような感じ。

過去の歴代PS3の分解記事はこちら
PS3を分解してみた

PS3のノウハウが活かされているから、初代モデルだというのに部品点数が少なく恐ろしい完成度です。

20131107_01
APUとGDDR5、セカンダリカスタムチップなど

GDDR5メモリは表と裏にそれぞれ8枚の合計16枚。

ちなみに画像URLから"-660x440"を削ると巨大な元画像を見ることが出来ます。

2013/11/05

PS Vitaシステムソフト3.0リリース、PS4リンク機能追加!ポケステ対応w

20131105_01

PS Vitaのシステムソフト3.00がリリースされました。

PlayStation®Vita / PlayStation Vita TV システムソフトウェア バージョン3.00アップデート実施のご案内

更新内容は、

  • [PS4リンク] がホーム画面に追加されました。(PS Vita TVを除く)
  • [ペアレンタルコントロール] がホーム画面に追加されました。保護者が、お子様PS Vitaを遊ぶ時間やご利用になられる機能を管理出来ます。
  • [フォト] にパノラマカメラ機能が追加され、全天球写真の撮影ができるようになりました。(PS Vita TVを除く)
  • [グループメッセージング] の名前が[メッセージ] になり、アイコンのデザインが変わりました。
  • [パーティ] のアイコンのデザインが変わりました。
  • "PlayStation Network"の名前が"PSN"になりました。
  • ポケットステーションに対応しました。
  • 最新のシステムソフトウェアのアップデートファイルを自動でダウンロードできるようになりました。
  • [リモートプレイ]の名称が[PS3リモートプレイ]に変わりました。
  • [コンテンツ管理] PS3とPS Vita / PS Vita TVの間で、Wi-Fiを使ってデータが転送できるようになりました。
  • [メール] でGmail等の連絡先同期が可能に。
  • [トロフィ] でPS4の獲得トロフィを表示可能に

となっています。

PS VitaにPS4Link機能が追加され、いよいよPS4の発売が近づいてきたといった感じですね。日本ではあと3か月以上先ですが……。

関連
「PlayStationVita Value Pack」希望小売価格:22,000円(税込)2013年12月5日(木)発売
新型「プレイテーション ヴィータ」Wi-Fiモデル(PCH-2000シリーズ)と便利な周辺機器、「『どこでもいっしょ』『こねこもいっしょ』パック」のプロダクトコードを同梱し、数量限定で提供

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »