« DMM.com半額キャンペーン開始、19日まで | トップページ | PS Vitaシステムソフト2.61リリース »

2013/08/23

PS3がモデルチェンジ、新型番「CECH-4200」8月下旬より出荷開始

PS3がモデルチェンジ、現行型番「CECH-4000B」にかわり新型番「CECH-4200B」が8月下旬より順次出荷されることになりました。

PlayStation3 チャコール・ブラック 250GB | プレイステーション オフィシャルサイト

消費電力、重量ともCECH-4000の190W、約2.1Kgから変わらず、何が変わったのか仕様からだと不明です。

【追記】
コメント欄でのザックさんの情報によると、

チップシュリンクなし、HDDカバー変更、同梱されているアフターサービスについて記載のビラを一部修正、読み込み部の改善、のみだそうです。

« DMM.com半額キャンペーン開始、19日まで | トップページ | PS Vitaシステムソフト2.61リリース »

GAME」カテゴリの記事

コメント

サポセンに確認したところ大きな変更はないとのこと。
Cell等のシュリンクはなし。HDDカバーの変更、同梱されてる紙(アフターサービスに書かれている記載)の一部修正、読み込み部の改善のみだけだそうです。

>ザックさん
情報ありがとうございます。
電話で問合せしたのですか?
チャットサポートで問い合わせたら「現時点で変更点は不明です。」って回答だったんですけど。
それはともかく、変更内容からすると分解する程のモノではなさそうですね。

電話です。SCEJサポセンの方が直接担当者に
聞いてくれたようですね。このモデルが
シュリンクされてなく少しがっかりですね。
読み込み機能については現行機種では確か
ピックアップ1つに対し新型番では2つになる
とか言ってた気が・・間違ってたらごめんなさい。
主な変更部分ってここだけのようです。
シュリンクそのものは今PS4に注力してるから
そこまで余裕がなかったのかもしれませんね。
今回は4000をちょこっと手直しした感じですね。
もし次あるなら今度はシュリンクした最終モデルに
なるのかも・・でも僕自身その頃PS4持ってるかも
しれないんで買いません。

何回もすみません。
もう一度サポセンに確認したところ、やはり読み込みレンズの変更、HDDカバーの変更以外はないとのことでした。ですので分解しても意味ないです。

ピックアップが強化されたという事は、今まで「相性」で片付けられてきた
BD-R/RE DLメディアがメディアやレコーダーとPS3の型番の組み合わせで、
読めない場合がある問題が改善されたりするんですかね。
どちらにしても今さら感がありますね。
改善は評価できますが、もう4年早く改善してくれれば…

(´・ω・`)シュリンクってこれ以上は逝かないとかって話じゃなかったの? まだよちはあるの・・・?

せめて無線LAN「n」に対応してもらいたかった・・
もう技術的には無理なのかな?

PS4が日本でも発売され今更ですが、、、

CECH-4200シリーズでは複数のバージョンが
出回っているようです。

新型CellやRSX、ピックアップの1レンズ化と
パッと見ても興味深い変更が見て取れます。

これはポケットニュース読者として非常に気になります(`・ω・´)シャキーン

PQX-001
http://www.psdevwiki.com/ps3/File:PQX-001-top.jpg

KEM-480AAA
http://www.psdevwiki.com/ps3/KEM-480AAA

このコメント欄で教えてもらった後にSCEのサポートに聞いて私もチップシュリンク無しという回答をもらってたんですけど、画像からすると明らかにRSX変わってますね。
今年1月にPC Watchで後藤氏がRSXが28nmに置き換わりつつあると書いていたので、4200から28nmになっていたのか、途中から切り替わったのか、あるいは国内は40nmの在庫を使用、と色々と可能性があるので再度SCEに問い合わせてみます。

早々のレスありがとうございます!

このPQX-001という基板はPS3 Dev wikiの情報によると去年の9月ぐらいから流通し始めているようで初期ファームは4.46のものみたいです。

過去にPSPで同じ型番でも基板が変わっていたことがあるので今回もそのパターンかもしれませんね。Xbox 360のシュリンクもそんな感じでしたし。

公式回答、待たせていただきます(`・ω・´)シャキーン

※ピックアップうんぬんはよく見たら勘違いでしたm(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン

SCEのインフォメーションセンターにメールで問い合わせた回答が来ましたがプロセス変更無しとのことでした。
とはいえ、海外で流通のCECH-4200の基板に載ってるRSXはDDR3メモリが4個から2個になってるだけではなく明らかにダイサイズも小さくなってますよね。

また、FCCに提出の資料にある4200の内部画像ではこの新しいRSXが使われてるので、少なくとも北米では4200投入当初から新基板のようです。

うーん、謎が深まるばかり。
手に入れて開けるのが手っ取り早いんですけど、今さらPS3、それもドライブ動作音が大きくて今使ってるモデルと入れ替えて使う気にもならないSuperSlimモデルを買うというのも……。

ということで引き続き調べてみます。

公式回答、プロセス変更無しですか、
これはひょっとして!?と思ったんですが。。。

>また、FCCに提出の資料にある4200の内部画像ではこの新しいRSXが使われてるので、少なくとも北米では4200投入当初から新基板のようです。

おお、オフィシャルな資料からもその存在を確認できるんですね!
と、なるとご推察どおり海外から新しい基板の在庫に置き換わっていってるんでしょうね。
国内流通分はまだこれからかな?


お騒がせいたしました。素早いご反応と
お問い合わせまで、ありがとうございます!!

今後もSCE開発陣とポケットニュースさんの
(表向きは静かでも、きっと中では)
熱いキャッチボールに期待してます(`・ω・´)シャキーン

2013年6月時点でCECH-4006BがNPX-001という型番で
新型RSXを使ってるようです(CELLは旧型)

http://i.imgur.com/mpBrtKL.jpg

28nm RSXは65mm2ぐらいですね
ポケットニュースで分解されているCECH-4000Bは
CELL裏面のキャパシタが30+個ですが
PQXのCELLは25+個になっていて
冷却用の開口部が狭くなってますね

http://goo.gl/zkhymc

仕向地によっては4200が出る前から28nmRSXが使われていたようですね。
国内の4200も28nmになってそうですが、SCEサポートに問い合わせても40nmのままって回答しか来ないのが引っかかります。
やっぱり北米版4200を手に入れるというのが確実なんですかねぇ。

28nm RSXのヒートシンクはフィンの数が32本になってますね
40nmのは39本

ネプコンジャパンの熱設計の説明でも32本版でした
Ver.Gはシールドの形状からCECH-2000と確認
65nmから28nmでヒートシンク熱処理能力29W減ですね

あと、CELLはPS Now用に改良された物を使ってるかもしれませんね

途中から更にシュリンクしたやつに変えたんかもね。
ところで来月のE3でPS3の値下げと新型発表があるとの噂。
PS4持ってるけどPS3新型出たら買おうかな・・
今よりも小型化してるかもね。

続投スマソ・・
もしかしたら現行PS3の500GBモデルがそうなのかもね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« DMM.com半額キャンペーン開始、19日まで | トップページ | PS Vitaシステムソフト2.61リリース »