« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013/04/25

PS3システムソフト4.41リリース、動作安定性の改善

PS3のシステムソフト4.41がリリースされました。

PlayStation3 システムソフトウェア アップデート

更新内容は、

システムソフトウェアの動作安定性の改善

となっています。

2013/04/17

nasneシステムソフト1.71リリース、PS Vitaのコンテンツバックアップ機能追加

nasne(ナスネ)のシステムソフト1.71がリリースされました。

更新内容は、

PlayStation VitaのデータをWi-Fi 経由でnasne(ナスネ)にバックアップしたりコピーしたりできるようになりました。

nasne(ナスネ)とさまざまなDLNAクライアント機器との互換性を向上しました。

システムソフトウェアにおいて、動作の安定性を改善しました。

ということで、PS Vitaシステムソフト2.10以降で、PS Vitaのコンテンツのバックアップやコピーが出来るようになりました。

2013/04/16

PS Vitaシステムソフト2.11リリース、動作安定性を改善

PS Vitaのシステムソフト2.11がリリースされました。

PlayStation Vita システムソフトウェア アップデート

更新内容は、

システムソフトウェアにおいて、動作の安定性を改善しました。

となっています。

先週のシステムソフト2.10アップデートリリース時に発表されたnasneのシステムソフト1.71はまだリリースされていないようです。

2013/04/10

パナソニックがBDで最大36ビットの高階調映像を実現するMGVC技術を開発、BZT9300が対応

パナソニックが、最大36ビットの高階調映像を実現する新技術「マスターグレードビデオコーディング(MGVC)」技術を開発し、同社のBDレコーダフラッグシップモデルDMR-BZT9300に対してMGVC採用BDソフトの再生に対応する機能強化を6月に行うと発表しました。

DIGA最上位機「BZT9300」が36bitの高階調BD再生対応に

ディーガ プレミアム モデルDMR-BZT9300が、新技術「マスターグレードビデオコーディング」を用いた世界初の高階調・高画質ブルーレイディスクの再生に対応

【本田雅一のAVTrends】真のマスター品質を再現。パナソニック独自技術MGVCが魅せる映像作品の実力

パナソニック、12ビット収録のBD新技術「MGVC」を開発 - PHL柏木所長が語る開発背景

家庭用パッケージソフト初の快挙。パナソニックの新提案MGVCは、36ビットのマスター映像を再現

BDソフトの映像は通常各色8bitの24bit階調で収録されていますが、MGVCではMPEG-4 MVCの拡張エリアを利用して差分のビット拡張データを収録することで、最大36bitの高階調映像を実現しているそうです。

既に発売中の「となりのトトロ」、「火垂るの墓」、「魔女の宅急便」、「おもひでぽろぽろ」がMGVCで収録されており、7月17日に発売される「紅の豚」もMGVCが採用されるとのこと。

「紅の豚」が7月17日にBlu-ray化。7,140円

採用ソフトと対応再生機器、36ビット階調を表現出来るTVが必要なため恩恵を受けられるユーザーは今のところごく一部ですが、画質にこだわるユーザーにはうれしい技術ですね。ただしパナソニックの独自規格で今のところオープンにする予定はないというのが残念。
BZT9300の技術を取り入れた再生専用機の登場に期待したいところです。

nasne(ナスネ)システムソフト1.71近日リリース、PS Vitaのコンテンツコピー機能追加

SCEが、nasneのシステムソフト1.71を近日リリースすると発表しました。

ネットワークレコーダー&メディアストレージ『nasne(ナスネ)』システムソフトウェアアップデート バージョン1.71を提供予定

バージョン1.71で追加される主な機能は、

・ コンテンツのコピー機能
PS Vita専用のメモリーカード内に保存されたアプリケーション、ゲームのセーブデータ、画像、音楽、ビデオの各種データを“ナスネ”のHDDにコピーすることができます。

・ バックアップ機能
PS Vita本体および専用のメモリーカードに保存されたデータを“ナスネ”のHDDに一括してバックアップすることができます。

とのこと。

バージョン1.70ではなくて1.71なんですね。本来はVitaのアップデートと同じ今日リリース予定だったけど、直前でバグが見つかって急遽1.71を用意しているんでしょうか。

PS Vitaシステムソフト2.10リリース、ホーム画面にフォルダ機能が追加

PS Vitaのシステムソフト2.10がリリースされました。

PlayStation Vita システムソフトウェア アップデート

更新内容は、

ホーム画面でアプリケーションのアイコンをフォルダーで管理出来るようになりました。

[ブラウザ]で、Webサイトにあるビデオの再生に対応しました。(一部のビデオには対応していません。)

[Eメール]で、HTML形式のメッセージの表示に対応しました。

[Eメール]で、ひとつの連絡先に複数のEメールアドレスを登録できるようになりました。

[コンテンツ管理]で、nasneとPS Vitaの間でコンテンツを転送できるようになりました。(Wi-Fiのみ)

PlayStation Mobile規格ソフトウェアを自動でアップデート出来るようになりました。(PlayStetion Plusへの加入が必要です。)

PS Vita本体のボタンで操作できるアプリケーションが増えました。
[ブラウザ]、[コンテンツ管理]、[Eメール]、[near]、[リモートプレイ]

ホーム画面のインフォメーションバーで、どのPS Vitaカードが入っているかを確認出来るようになりました。

その他、多くの機能で使い勝手を向上させました。

となっています。

やっとフォルダー機能が追加されました。ボタン操作が可能なアプリが更に増えています。

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »