« 「ダークナイト ライジング」のブルーレイ12/5発売決定 | トップページ | 任天堂「社長が訊ねる『Wii U』本体 篇」公開、Wii Uの基板画像も »

2012/10/06

新型PS3 CECH-4000を分解してみた

新型PS3 CECH-4000Bを分解してみました。

20121005_01

HDDは本体側面、BDドライブの下

20121005_02
HDDはHGSTの2.5インチ250GB「Z5K500-250」

20121005_03
本体上部のカバーを外したところ

20121005_04
BDドライブのフタ部分のスライド機構

CECH-4000は横置きの時はフタが勢いよく開き、縦置きの時にはフタがゆっくり開くというように、本体の置き方によってフタが開く速さが変わるようになっています。
置き方によってフタの開く速さを変えている機構がこの部分で、今回の新型PS3分解で最も感心した所。
スプリングの強さを弱めるための負荷用ギヤ(真ん中の黒いギヤ)に重り(手前の灰色の部品)が付いていて、横置き時には重りによってこのギヤが外れる仕組みになっています。縦置き時にはこのギヤが有効に働きフタが勢いよくストンと落ちるのを防いでいます。

実機を触る前、ネットの動画で横置き時の蓋の開閉動作を見て、縦置きにした時は勢いよくフタが下に落ちるんじゃないの?HDD内蔵なのに衝撃とか大丈夫?と思いましたがそんな心配は杞憂でした。

20121005_05
電源ユニット
型番は"ADP-160AR"
AC INPUT 100-240V 2.1-0.8A 50/60Hz
DC OUTPUT +12V 13A, +5.5V 0.9A

重さは360g、CECH-3000の電源ユニット重量が382gだったので22g軽くなってます。

20121005_07

20121005_09
薄く小さくなったBDドライブユニット

20121005_10
左がドライブ本体(裏面)、右がケース

ドライブの表と裏の四隅にある緑色の物体は防振用ゴム

BDドライブの重量は168g(本体130g、ケース38g)、CECH-3000のBDドライブユニットが404gなので、スロットイン方式の廃止で半分以下の重さになりました。

20121005_08

20121005_11
個人的にこの角度から見る冷却ユニットが好き

20121005_12
ヒートシンク、左奥がCell/B.E.用、手前がRSX用

20121005_13
ヒートシンク裏側から

左の銅製ヒートパイプがRSX用、右がCell/B.E.用のヒートシンク。

基板を挟んでいる金属シールドは、上側(ヒートシンク含む)が336g、下側が82g。
なお、CECH-3000のシールドは上側(ヒートシンク含む)が440g、下側が122gでした。

20121005_06
冷却ファンは日本電産製(Nidec)でDC12V 1.65A、直径約70mm

20121005_14
基板表側、コード名はMPX-001

20121005_15
基板裏側

20121005_16
基板サイズ比較、左:CECH-3000、右:CECH-4000

CECH-3000が約500平方cm、CECH-4000が約410平方cm、約18%小さくなってます。

20121005_17
Cell/B.E.とRSX

20121005_20
Cell/B.E.の型番は"CXD2996AGB"

XDR DRAMはSAMSUNG製の"K4Y12324TE-KCB3"が実装されてました。エルピーダメモリ製じゃないXDRに遭遇したのは初めてかも。iFixitが分解した個体にはエルピーダメモリ製のが実装されてたようです。

20121005_18
RSXはヒートスプレッダがなくなりダイ剥き出しに

RSXの型番は"CXD5302A1GB"、ダイサイズは約120平方mm、ダイサイズからもプロセスルールは40nmのままということが分かります。
ちなみに65nm世代のダイサイズは約180平方mm、90nm世代のダイサイズは約260平方mm。
iFixitが分解したのにはhynix製のGDDR3メモリがのっていましたが、私が分解したのにはSAMSUNGの"K4J52324KI"がのってました。

20121005_19
チップセットおよび16MBのNOR FLASHはCECH-3000と同じ石

20121005_21
有線LANコネクタ

20121005_22
USBコネクタ

薄くするためにLANやUSBコネクタもノートPCなどに使われているようなコネクタが使われてます。

更に薄く軽く小さくなった新型PS3ですが、より分解(組み立て)しやすくなっています。しかし今回はRSXが40nmのままなので、もしかすると来年にはRSXが28nmになってより軽く低消費電力なモデルが出る可能性もありそうです。

新型PS3「CECH-4000B」の消費電力を測定してみた
新型PS3 CECH-4000の分解動画 & iFixitの分解記事

PlayStation3 250GB チャコール・ブラック (CECH-4000B)
PlayStation3 250GB チャコール・ブラック (CECH-4000B)

« 「ダークナイト ライジング」のブルーレイ12/5発売決定 | トップページ | 任天堂「社長が訊ねる『Wii U』本体 篇」公開、Wii Uの基板画像も »

PS3/PS4を分解してみた」カテゴリの記事

コメント

素人的な疑問かもしれませんが、横置きの時にもゆっくり開くようにしないのはなぜでしょうか?
バネの力が弱くて途中で止まってしまうとかでしょうか?

横置き時にも負荷用ギヤを噛ませるようにして試しましたが、バネの力が弱くて途中で止まるということはありませんでした。
しかし、使っているうちに摩耗等やホコリによってギヤがスムーズに動かなくなり負荷が大きくなると途中で止まってしまう可能性はあります。
そういった懸念があることからわざわざ設置の仕方でフタの開く速度を変えるようにしてるんじゃないでしょうか。

iFixitの基盤はMSX-001なので違う基板ですね
wifiモジュールやSATAコントローラが違う感じ

ターヘルおつであります~! RSXってこれ以上小さくなら無い様な話しを見かけた事があったような気もしますが、縮むと良いですよねw

またしてもHDDはSATA150のカスタム品っぽいですね。
SATA ”3Gbps”って記載がありません

SATA"3Gbps"ですよ。

HDD、AF(アドバンスフォーマット)使ってるがPS3正式対応したようだね
これなら1Tや3T品も問題なさそうだ

>SATA"3Gbps"ですよ。
PS3から取り外してPCに繋ぎ確認されたのでしょうか?

すごいですね。

国内で買った4000(白)の取説を見ると、電圧100Vと書いてて、がっかりしました。
来年、中国へ留学に行く時に持っていくつもりですが、こりゃ変圧器を買わなきゃと思って。
しかし、これを見て一安心。220Vの電圧のソケットにもそのまま差して問題ないみたいですね~

このタイプののps3(日本で購入はニュージーランドの240vで長時間使用しても大丈夫なのですか?

>>このタイプののps3(日本で購入はニュージーランドの240vで長時間使用しても大丈夫なのですか?

内蔵されている電源ユニットは世界共通のユニバーサル仕様なので240Vでも大丈夫です。
しかし、同梱の電源ケーブルが240V耐圧品かどうかは不明なので、電源ケーブルは同梱品にプラグ変換アダプタを使うのではなく、現地のプラグ形状にあった電源ケーブルを手に入れて使った方がいいかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ダークナイト ライジング」のブルーレイ12/5発売決定 | トップページ | 任天堂「社長が訊ねる『Wii U』本体 篇」公開、Wii Uの基板画像も »