« ブルーレイマイスタークイズ ファイナルシーズン今日からスタート | トップページ | 新型PS3「CECH-4000B」の消費電力を測定してみた »

2012/10/03

新型PS3 CECH-4000の分解動画 & iFixitの分解記事

日本国内では10月4日に発売されるPlaystation3の新モデルCECH-4000シリーズを分解している動画がYoutubeに投稿されました。

What's inside the new PlayStation 3? • Blogs • Eurogamer.net

【追記】iFixitも分解記事を公開しました。
PlayStation 3 Super Slim Teardown - iFixit

CellとRSXのプロセスルールはPC Watchのインタビュー記事にて現行モデルCECH-3000シリーズと同じ45nmと40nmのままであることが判明していますが(自分もSCEに問い合わせて確認済み)、基板サイズはさらに小さくなり、BDドライブもかなり簡略化されていることが分かります。

HDDスロットは縦置き時に上部になる本体側面にあります。
それにしてもネジを全部外さずに強引に開けようとしていたり未経験の製品を分解するにしてもかなりいい加減に分解を進めてるのが気になります。

BDドライブ蓋のスライド開閉機構はよく考えられています。が、やはりボタンを押すとカシャッと開く様子はなんか安っぽい。もう少しゆっくりスーッといった感じで開くようには出来なかったんでしょうか。

CellとRSXはシュリンクしていないのに本体サイズが小さくなったから、放熱ユニットと電源ユニットのデカさが目立ちます。

RSXのヒートスプレッダがなくなり、コアを直接ヒートパイプに接触させて冷却するようになっています。
この方が効率がいいんでしょうね。

« ブルーレイマイスタークイズ ファイナルシーズン今日からスタート | トップページ | 新型PS3「CECH-4000B」の消費電力を測定してみた »

GAME」カテゴリの記事

コメント

やっと40nmのRSXが拝めた
いままでの40nmとリビジョン違うだろうけど

fudzillaがCELLとRSXの統合決めてて
今回は間に合わなかったが
来年あたりに登場すると書いてますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ブルーレイマイスタークイズ ファイナルシーズン今日からスタート | トップページ | 新型PS3「CECH-4000B」の消費電力を測定してみた »