« PS Vitaシステムソフト1.81リリース、動作の安定性を改善 | トップページ | ブルーレイマイスタークイズ ファイナルシーズン今日からスタート »

2012/09/19

SCEが前モデルから25%小さく20%軽くなったPS3新モデルを発表

SCEより、PlayStation3の新モデル「CECH-4000」シリーズが発表されました。

更なる小型・軽量化を実現した新型「プレイステーション 3」(CECH-4000シリーズ) 全世界で発売(pdf)

HDD容量別に2つのモデルが用意され、価格は容量250GBのHDD搭載モデルが24,980円、500GBHDD搭載モデルが29,980円。
チャコール・ブラックが10月4日発売、クラッシック・ホワイトは250GBモデルのみで11月22日発売となっています。

また、250GBの新型PS3に「みんなのゴルフ6」を同梱したスターターパックが11月22日に数量限定で25,980円で発売されるそうです。

Cech4000

リーク情報にあった12GBフラッシュメモリ搭載モデルは欧州のみでの発売だそうです。

サイズが現行モデルから25%小型化され、重量も20%軽量化、BDドライブがこれまでのスロットイン方式から蓋が横にスライドするタイプのトップローディング方式になりました。

  CECH-4000シリーズ CECH-3000シリーズ
HDD/型番

250GB/CECH-4000B
500GB/CECH-4000C

160GB/CECH-3000A
320GB/CECH-3000B

消費電力 約190W 約200W
重さ 約2.1kg 約2.6kg

外形寸法

約290×230×60mm 約290×290×65mm
希望小売価格 24,980円(250GB)
29,980円(500GB)
24,980円(160GB)
29,980円(320GB)

中身がどうなってるのか今から楽しみ。

« PS Vitaシステムソフト1.81リリース、動作の安定性を改善 | トップページ | ブルーレイマイスタークイズ ファイナルシーズン今日からスタート »

GAME」カテゴリの記事

コメント

約190W
外形寸法 (最大突起部除く) 約 290 × 60 ×230 mm(幅×高さ×奥行き)
質量 約2.1kg ※11

シュリンクされたかどうかは微妙な感じ

ぱっと見、現行機よりデザインはよくなった感じですね
質感次第では買い替えたいかも

軽量化は光ドライブで稼いでるのかな
SCPH-70000みたいな
むき出しピックアップなら300gは稼げそう

おお、遂に来ましたね。しかし、横にスライドしてとの事ですが・・・・手動ですかね?

イジェクトボタンはおろか電源ボタンも見当たらない…。背面の電源スイッチっていつから無いの?

URL書き忘れました。スイッチ類はここの画像で見ました http://gigazine.net/news/20120919-new-ps3-cech4000/

容量は増やさずに減らして安くして欲しかったです^^
現行機より更に静かになってくれてるといいなぁ

自分としては、デザインは依然までの方がよかったですね。あとドライブの仕様も。
スロットインやトレー式であれば横置きで棚に入れられるけどトップだと
棚の高さに結構余裕がないとつらいですから。
縦置きで使う人にはトップの方がいいとは思いますが、自分やっぱり横置きです。

う~ん写真みた限りだとHDDの取り出し口とディスク出し入れする所が見当たらないな。
どこにあるんだろ?

DISC部はPS3のロゴがある天板を横にスライドさせると出てくるよ。

フロントの真ん中あたりに取り出しのマークが有るから
電動もしくは、ばねで開いて手で閉めるのか…

>>おっさん
上を開くんですか!?


となるとラック収納してる今の環境だと重ね置きできないか。
メイン基板逝ったときにディスク閉じ込めは回避出来そうですが。。

BDドライブはイジェクトボタンを押すとバネか何かで真横にスライドして開き、ディスクをセットしたら手動で閉める方式。
また蓋は開いた状態でも筐体から一切はみ出さないので、周囲との干渉を心配する必要はなし。

HDDは旧モデルと違って交換出来なさそう?

欧州では、HDDなしモデルと250GBのHDDが発売されるから、交換はできるでしょ。

正面からみて右下の各種規格ロゴがプリントされているあたりがHDD交換用の蓋になってますね。

BDドライブは、開閉動作の動画を見る限り、電子的なSWでソレノイドやモーターを制御してロックを解除するのではなく、物理的な構造でSWを押したらツメで引っかけてるロックが外れてバネの力で開くような機構になっているようです。

また、CellとRSXはAV Watchの記事によるとそれぞれ45nmと40nmのままでシュリンクはしていないそうです。これはSCEのインフォメーションセンターに問い合わせて同じ回答をもらっています。

すみません、HDDの位置は正面右下ではなく側面(縦置きした際に上になる方)でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« PS Vitaシステムソフト1.81リリース、動作の安定性を改善 | トップページ | ブルーレイマイスタークイズ ファイナルシーズン今日からスタート »