« BD関連のネタ | トップページ | 東芝がタイムシフトマシン搭載液晶TV普及モデルを発売 »

2012/01/10

ソニー、各画素に微細LEDを配置した自発光式の次世代ディスプレイを発表

ソニーが、本日より米国ラスベガスで開催の家電総合展示会「2012 International CES」にて、自発光タイプの次世代ディスプレイ「クリスタルLEDディスプレイ」を開発したと発表しました。

大画面・高画質に優れた次世代ディスプレイ“Crystal LED Display”を開発
Sony Electronics News and Information

1画素にRGB各1個ずつ微細LEDを配置、RGB各色約200万個合計で約600万個のLEDを光源とした自発光タイプのディスプレイで、CESに参考出品している55型の試作機は、現行液晶TVに比べてコントラストが約3.5倍、色域が約1.4倍、動画応答速度が約10倍という性能を実現。
また、輝度が約400cd/㎡、視野角が約180度、コントラスト(暗所)が測定限界値以上、色域がNTSC比(xy)100%以上、消費電力(パネルモジュール)が約70W以下だそうです。

製品化の時期についてはリリースにありませんが、業務用から民生用まで幅広い用途を想定しているとのこと。製品化までにはまだまだ解決しなければならない課題も多そうですが、SEDの二の舞にならないようソニーには頑張ってほしいですね。

« BD関連のネタ | トップページ | 東芝がタイムシフトマシン搭載液晶TV普及モデルを発売 »

コメント

発表では55型で1920×1080との事ですが、
37~46型で1920×1080が実現できれば十分韓国勢の有機ELに対抗できるかもしれませんね・・・
55型でLED画素じゃ「オーロラビジョン」とかの域を出ないので。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« BD関連のネタ | トップページ | 東芝がタイムシフトマシン搭載液晶TV普及モデルを発売 »