« JVAが10月のビデオソフト売上速報を発表、ほかBD関連のネタ | トップページ | DVDFabシリーズにMac版が登場 »

2011/12/07

東芝の4K REGZAの発売日と価格決定!12/10発売で価格は約90万円

東芝の4K対応テレビ「REGZA 55X3」やタイムシフトマシン搭載レグザサーバー、レグザタブレットの発売日と価格が発表されました。

東芝、4K/裸眼3D液晶TV「REGZA 55X3」を12月10日発売
東芝、レグザサーバーと10.1型タブレットの発売日決定
東芝、“4Kレグザ”「55X3」やレグザサーバー、レグザタブレットの発売日を決定

4K対応テレビ「REGZA 55X3」は12月10日発売、価格はオープンプライスで、店頭予想価格は約90万円。
また、10月の製品発表時点で未定だった消費電力等の仕様も確定、消費電力は410W(リモコン待機時0.12W)、年間消費電力量は385kWh/年とのこと。
HDMI入力端子を4つ使って4K入力を可能にするオプションの入力アダプター「THD-MBA1」についての追加情報は特になし。

レグザサーバーは、合計5TBのHDDを搭載した「DBR-M190」が12月22日発売、合計2.5TBのHDDを搭載した「DBR-M180」が12月10日発売。
またレグザタブレットも12月10日だそうです。

4Kレグザ発売日12月10日って今週の土曜日!週末には量販店の店頭で4K映像を観ることが出来るようになるのか。これは楽しみ。

« JVAが10月のビデオソフト売上速報を発表、ほかBD関連のネタ | トップページ | DVDFabシリーズにMac版が登場 »

コメント

55X3は消費電力が高いのが気になりますね。
同サイズの55ZG2と比べて倍近いです。
(55ZG2は215W)

解像度が大きければその分制御する液晶の量も増えるし、ソースを捌く回路の規模やクロックも大きくなる。十分頑張ったほうだと思うけどね。(この領域はまだ未知だから頑張ったの度合いが説明できないけど)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« JVAが10月のビデオソフト売上速報を発表、ほかBD関連のネタ | トップページ | DVDFabシリーズにMac版が登場 »