« ここ数日のネタ | トップページ | 11/15のネタ »

2011/11/11

SCE、UMD所有者がDL版を安価で購入出来るサービス「UMD Passport」を開始

SCEが、PSP用のUMD版ゲームタイトルを所有しているユーザーが、同タイトルのダウンロード版を購入する際にPS Store販売価格よりお手頃な価格で購入出来るサービスプログラム「UMD Passport」を2011年12月6日より開始すると発表しました。

UMD®版ゲームタイトルをお持ちのお客様へのサービスプログラム「UMD®Passport」2011年12月6日(火)より提供開始

12月6日より、PS Storeで、専用アプリ「UMD登録アプリケーション」の提供を開始。
PSPにUMDを挿入した状態でアプリケーションの簡単なナビケーションに従ってPSNアカウントへUMD登録をすることで、同じタイトルのダウンロード版がお手頃価格で購入可能になるそうです。

12月6日のサービス開始時には40社約200タイトルが対応を予定、現時点で約40タイトルのリストと価格が公開されています。
価格は100~2,400円でソフトメーカーによって価格にかなり差があるようです。
中心価格は500~1,000円といったところ。

ちなみに、UMDメディア1枚1枚に付けられている固有IDとPSNアカウントをヒモ付けするため、PSNアカウントに一度登録されたUMDは他のPSNアカウントに登録することは出来ないそうです。
まあ当然の対応ですけど。

現時点で公開されているリストに所有ソフトが1本しかない……。

« ここ数日のネタ | トップページ | 11/15のネタ »

GAME」カテゴリの記事

コメント

これのために認証機器数が2台になったんですね。

なんで既に持っているソフトに対しても課金するんだよ…。
無料にするべき。どこまでがめついんだ…。

高すぎだった場合は論外だが、
無料ってのも個人的には論外…つーのは言い過ぎとしてもがめついなと思う。

まぁ、がめついってのは少々言い過ぎかもしれないね。
でも中心価格が500~1,000円ってのは十分高いと思うよ。
同一内容のUMD版持っているのが確認できたんなら、もっと安くしてくれても(300円位)いいと思う。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ここ数日のネタ | トップページ | 11/15のネタ »