« iOS5アップデート失敗が続出ほか10/13のネタ | トップページ | トランスフォーマー ダークサイド・ムーンBD/DVD化 »

2011/10/14

iFixitがiPhone 4Sを分解、バッテリー容量ほぼ変わらず、RAMは512MB

本日発売iPhone 4SをiFixitが早速分解しています。

iPhone 4S Teardown - iFixit
iPhone 4S Teardown: A closer look at the chips inside
iFixit iPhone 4S Teardown Confirms 512MB LPDDR2, MDM6610

バッテリー容量は、3.7V 5.3Whr、iPhone 4が5.25Whrだったので容量はほとんど同じ。

デュアルコアのA5プロセッサの型番はK3PE4E400B-XGC1、どうやらiPad2に搭載されているA5と型番は同じようです。
型番から搭載RAM容量は512MB(2*2Gbit LPDDR2)であることが判明。なお製造はサムスン。

内蔵ストレージは、東芝の24nmプロセスで製造された2*64Gbit(16GB)のNAND Flashを採用。
ベースバンドチップはQualcommのMDM6610、RFトランシーバーはQualcommのRTR8605、加速度センサーはiPad2と同じSTマイクロのLIS331DLH、などなど。

111014_01

iFixitによるiPhone 4の分解記事はこちら。
iPhone 4 Verizon Teardown - iFixit
iPhone 4 Teardown - iFixit

« iOS5アップデート失敗が続出ほか10/13のネタ | トップページ | トランスフォーマー ダークサイド・ムーンBD/DVD化 »

コメント

メモリは512MBのままですか。ちょっと残念。

( ^ω^ )ターヘル乙でありますw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« iOS5アップデート失敗が続出ほか10/13のネタ | トップページ | トランスフォーマー ダークサイド・ムーンBD/DVD化 »