« 東芝が裸眼3D対応4Kテレビ「REGZA 55X3」発売、12月発売で約90万円 | トップページ | CEATEC JAPAN 2011 関連リンク集 »

2011/10/03

ソニーが4Kプロジェクター「VPL-VW1000ES」国内発表、PS3が4K出力可能になるかも?

9月に米インディアナポリスで開催されたCEDIA EXPOにて発表された世界初の4Kプロジェクター「VPL-VW1000ES」が、国内でも正式発表されました。

ソニー、家庭用初の4K SXRDプロジェクタ「VPL-VW1000ES」
【速報】ソニー、家庭用4K SXRDプロジェクター「VPL-VW1000ES」を日本投入 ー 価格は168万円
映画館の臨場感をご家庭で楽しめる 世界初4Kホームシアタープロジェクター発売

12月下旬発売で、価格は168万円。
VW1000ESのために0.74型4K解像度SXRDを新開発、またフルHD解像度の映像信号からリアルな4K映像信号を生成するデータベース型超解像処理LSIも新たに開発したそうです。

新開発 世界最小 0.74型(対角 18.8mm) 4K ディスプレイデバイス“SXRD”
4K映像表示デバイス向けデータベース型超解像処理LSIを商品化

ソニーストアでの予価は1,512,000円(ソニーポイント45,360ポイント付)、AV割引クーポン使えば実質125万円ぐらい。4Kの映像を引き出せる性能のスクリーンと合わせて約200万。
一般庶民には手が届くような価格の製品ではないですが、VW1000ESに搭載されている技術を使った4K対応テレビや普及価格帯のプロジェクターが今後出てくるかと思うと、こういった最新技術を詰め込んだ製品の登場は非常に楽しみでもあります。

それから、ちょっと気になったのが、ソニーのニュースリリースの下記の記述。

「プレイステーション 3」(PS3)経由で4Kの静止画がお楽しみいただけるアプリケーションソフトウェアを提供
高解像度の静止画をご家庭において大画面映像にてお楽しみ頂けることも4Kホームシアタープロジェクターの特長の一つです。あたかも美術館に居合わせたように、ご家庭で美しい高解像の滑らかな映像をご堪能頂けます。カメラで撮影した4K静止画をPS3経由で高品位投写が可能となるアプリケーションソフトを開発中で、2012年年初を目途に提供して参ります。

4K静止画をPS3経由で2K出力してVW1000ESでアプコンして4K表示するだけなら、わざわざリリースに載せる意味もないだろうし、これはPS3が4K出力するってことでいいんでしょうか?
過去のインタビューからすると、PS3発売前からHDMI4K出力への対応は視野に入れていたようだし、4k/24pの情報量は1080/60pの1.6倍なので、なんとか頑張れば静止画程度なら4K出力も出来そうなんですがどうなんでしょうね。

追記
よく考えたらVW1000ES側に特殊な専用表示モードを用意してやればPS3が4k出力に対応しなくてもいいのか。
PS3の専用ソフトで4k静止画を分割してフルHD解像度の静止画4枚として1080/60pで出力、VW1000ES側は受け取った4枚の画を繋げて4k解像度の1枚画にすればいいんだ。静止画だしフレーム数関係ないし。

« 東芝が裸眼3D対応4Kテレビ「REGZA 55X3」発売、12月発売で約90万円 | トップページ | CEATEC JAPAN 2011 関連リンク集 »

コメント

3Dは力業で対応したけど今回はHDMIのチップがネックなんじゃない?全モデル対応出来るのか疑問。
HDMI1.4規格の4k出力に対応したけど初期型は対象外ってなるんだったら専用モードで対応の方がいいわ。

専用アプリって今4K対応してるPLAY VIEWみたいな感じじゃないかな~?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東芝が裸眼3D対応4Kテレビ「REGZA 55X3」発売、12月発売で約90万円 | トップページ | CEATEC JAPAN 2011 関連リンク集 »