« 「劇場版カードキャプターさくら」BD化、ほかブルーレイ関連のネタ | トップページ | 任天堂、Wii後継機を2012年に発売すると発表 »

2011/04/25

三菱が両面リモコン付属のBDレコ発表、自動CMカット機能は消滅

三菱電機がBDレコの新モデルを発表しました。

三菱、「くるっとリモコン」付属のBDレコーダ3機種

発表されたのはHDD容量違いの3機種で5月31日発売、店頭予想価格は、HDD容量2TBの「DVR-BZ450」が13万円前後、1TBの「DVR-BZ350」が9万5千円前後、500GBの「DVR-BZ250」が8万円前後の見込み。

全モデルBDXLへの書き込みやBlu-ray3D再生に対応、2番組同時録画には対応するものの2番組同時AVC録画は非対応。

他社より半周遅れ感のあるスペックですが、その代わりに、リモコンの片面がレコーダー操作用、もう一方の面がテレビ操作用という新発想の両面仕様リモコン「くるっとリモコン」が付属。
リモコンにはセンサーが内蔵されており、上面のボタンだけが効き誤って下面の操作ボタンを押しても誤動作しないようになっていたりと意外と真面目に作られている感じです。
また、リモコンボタンは水や汚れに強いシートボタン式でリモコンラップ巻き派にはうれしい配慮。

なお、三菱BDレコの数少ない特徴機能の一つでもあった再生時にCMを自動でスキップしてくれる「オートカットi」機能は諸事情により搭載されていません。

これで数少ない特徴機能の残りの一つHDD換装も不可になっていたら、三菱BDレコの存在意義がますますなくなるような…。

20110425_01

« 「劇場版カードキャプターさくら」BD化、ほかブルーレイ関連のネタ | トップページ | 任天堂、Wii後継機を2012年に発売すると発表 »

BD/DVD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「劇場版カードキャプターさくら」BD化、ほかブルーレイ関連のネタ | トップページ | 任天堂、Wii後継機を2012年に発売すると発表 »