« 東芝、バッテリー内蔵ピークシフト機能搭載液晶テレビ発表 | トップページ | ジェネオンがブルーレイ100作品を各1,980円で発売 »

2011/04/20

東芝、タイムシフトマシン搭載モデルやパッシブ方式3D対応の液晶TV発表

東芝が液晶テレビREGZAの高画質・高機能プレミアムモデルの新モデルを発表しました。

【速報】東芝、液晶テレビ“REGZA”新モデル - 4コアで6ch録画の「ZG2」と裸眼3D対応の「ZP2」
東芝、“全録”や小型フルHDなど新「REGZAシリーズ」

発表されたのは、最大6チャンネルを約30時間録画可能な「ZG2」シリーズと、パッシブ方式の3Dに対応した「ZP2」シリーズの2モデルで、ZG2が5月下旬発売、ZP2が6月上旬発売予定。

ZG2製品ページ
ZG2の画面サイズは55V型、47V型、42V型の3機種で、予想実売価格はそれぞれ49万円、39万円、30万円前後の見込み。
「レグザエンジンCEVO」のメインLSIを2基搭載し、最大6チャンネル約30時間分を一時保管できるタイムシフトマシン機能を搭載、3Dはアクティブシャッター方式で、2D-3Dリアルタイム変換や、3Dゲームも大画面で快適にプレイ出来る「3Dゲームダイレクト」機能も搭載するなど、プレミアムハイエンドモデル

ZP2製品ページ
ZP2の予想実売価格は、32V型が15万円前後、26V型が13万円前後の見込み。
どちらもフルHDパネルを採用し、メインLSIにはレグザエンジンCEVOを1基搭載、3Dはパッシブ方式となっています。

また、テレビ以外にも、BDレコーダー「REGZAブルーレイ」新モデルやBDプレーヤー/ライターなども発表されています。

さらに、OSにAndroid 3.0を搭載した10.1型のタブレット端末レグザタブレット「AT300」や、部分的な裸眼3D立体視が可能なグラスレ3DノートPC「dynabook QOSMIO T851/D8CR」なども同時に発表。

東芝、ウィンドウ表示で裸眼3D立体視が可能なノートPC
【更新】東芝、「レグザタブレット AT300」を発売 - 裸眼3D/2D同時表示可能なQosmioも登場
東芝、Android 3.0搭載の「レグザタブレット AT300」

レグザタブレット「AT300」はNVIDIAのTegra2 1.0GHzを搭載し、OSはAndroid3.0、画面サイズは10.1インチ(1280x800ドット)、重量756gで厚さ15.8mm。

« 東芝、バッテリー内蔵ピークシフト機能搭載液晶テレビ発表 | トップページ | ジェネオンがブルーレイ100作品を各1,980円で発売 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東芝、バッテリー内蔵ピークシフト機能搭載液晶テレビ発表 | トップページ | ジェネオンがブルーレイ100作品を各1,980円で発売 »