« ソニー、3D表示可能なVAIO FシリーズなどPC春モデルを発表 | トップページ | 「トロン:レガシー」ブルーレイ/DVD化、e-move対応 »

2011/03/09

JVAが2010年のビデオソフト売上調査結果を発表

JVAが2010年のビデオソフト売上の統計調査結果の概要が公表されました。

社団法人日本映像ソフト協会(JVA)

ビデオソフト全体では、売上金額は前年比97.3%と6年連続前年割れが続いているものの、減少率は徐々に穏やかになっています。
数量では前年比102.4%で2年連続で前年を上回っています。

金額
(百万円)
構成比前年比数量
(本・枚)
構成比前年比
ビデオソフト全体266,548 100% 97.3% 89,946,136 100% 102.4%
DVDビデオ219,290 82.3% 88.0% 77,194,473 85.8% 94.0%
ブルーレイ47,191 17.7% 195.7% 12,687,382 14.1% 236.6%

また、ブルーレイの売上金額ジャンル構成比は
アニメ 56.9%
洋画 24.5%
邦画 6.0%
アニメと洋画でBDの売上金額の8割を占めています。

数量では、
洋画 42.3%
アニメ 39.5%

ビデオソフト売上に占めるBDの構成比は17.7%、これをジャンル別で見ると、
アニメ 46.0%
洋画 38.9%
邦画 20.3%
音楽(邦楽)4.1%
となり、アニメについては売上金額の約半分がBD、音楽ソフトは売上金額のほとんどはDVDという状況。

« ソニー、3D表示可能なVAIO FシリーズなどPC春モデルを発表 | トップページ | 「トロン:レガシー」ブルーレイ/DVD化、e-move対応 »

BD/DVD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ソニー、3D表示可能なVAIO FシリーズなどPC春モデルを発表 | トップページ | 「トロン:レガシー」ブルーレイ/DVD化、e-move対応 »