« 第3回ブルーレイ大賞グランプリは「アバター」が受賞、ユーザー大賞は「エヴァ:破」 | トップページ | ブルーレイ新作情報、「ロビン・フッド」4/15、「十三人の刺客」5/27など »

2011/02/18

ここ数日のネタ

洋画DVD売れず コスト回収の図式崩壊、映画界に深刻な影響
洋画DVD(BD含まず)の売上金額が2004年のピークから1/4にまで減ったというお話。
売れなくなった原因として「安売りをやりすぎて映画ソフトが値崩れを起こし、客が離れた」って書いてるけど意味分かんない。単価が下がるのと客が離れることに因果関係はないと思うんだけど。
ちなみに、洋画DVDは数量だとピーク時の約1/2、BDを含めると売上金額で1/3ぐらいになっているようです。

Apple、App Storeでの定期購読サービスを発表――外部サイトでの販売も可能に
Apple、新コンテンツ講読モデルを発表―App Store外への購入リンクは禁止
米Apple、App Storeサブスクリプション開始、ユーザーにはやさしいが…

「アルファブロガー・アワード2010」発表、Webクリエイターボックスなど
ああそういえばそんなものあったなぁ。

三菱電機、バックライトの一部光源にレーザーを採用した液晶テレビを開発
赤色の光源に赤色レーザーを採用。2011年度中の製品化を予定。

銀座にパイオニアのショウルームがオープン
19日オープン「パイオニア プラザ銀座」を先行体験
ライブもある:パイオニア、情報発信基地を銀座にオープン

NVIDIA、クアッドコア版Tegraをサンプル出荷開始 ~搭載製品は8月に出荷予定
4コア版Tegra「Project Kal-El」を発表、既にサンプル出荷も開始しており、8月にも搭載タブレットが登場予定。

TSUTAYAで裁断機とスキャナー貸し出し 1冊300円で“自炊”可能に

「実はプレステ3で300万個の量産実績」、ソニーがコアレスパッケージの進展明らかに

アリエッティの裏側に迫る「ジブリの本棚」BD化
6月3日にBlu-ray/DVDで発売する。価格はBDが6,090円、DVDが3,990円。
ジブリの本棚

磁気テープや家庭用VTRなどの「生みの親」,元ソニーの木原氏が逝去

レコーダーの使い方が変わる! パナソニックの新サービス「ミモーラ」の威力とは

ソニーのAndroid 3.0タブレットは " S1 "、9.4型でQriocityやプレイステーション対応

ワーナー、映画作品アプリをApp Storeで提供開始 -ストリーミング/ダウンロード両対応で特典も多数
Warner、映画をiPhone/iPadにアプリ形式で配信

PS3プロテクト解除ツール、使えばPSNへのアクセス停止――SCEが声明文
PlayStation3からのPlayStationNetworkへの接続に関する重要なお知らせ

明宝、iPhoneを赤外線学習リモコンにするアダプタ
2月18日発売、価格は6,300円。

マランツ、DLNA/3D BD/SACD対応プレーヤー「UD7006」
3月発売予定で、価格は97,650円。後日アップデートでDTCP-IP対応を予定。

「聖闘士星矢」CGアニメ映画化決定 東映アニメ最新技術で

いらない検索結果は表示しないGoogle Chromeエクステンション登場
Wikipediaコピペサイト、OKWaveパートナーサイト、2chログ転載サイトをごっそり登録。ブロックリストを同期できないのが残念。

「価格.comプロダクトアワード2010」発表! 自作PC関連の各部門賞まとめ
価格.comプロダクトアワード2010

過去半年間の「CD購入率」が33.7%に減少。RIAJ調査
過去半年間のCD購入率が昨年比で3.1ポイント減少の33.7%に。
半年というかこの2年以上CD買ってない。

« 第3回ブルーレイ大賞グランプリは「アバター」が受賞、ユーザー大賞は「エヴァ:破」 | トップページ | ブルーレイ新作情報、「ロビン・フッド」4/15、「十三人の刺客」5/27など »

コメント

・洋画DVDが売れない理由について自分なりの考察
洋画でないけどナイトライダーのBOX1は当初17,800円だったけど、全く同じ内容の物をパッケージを別にして4,980円で売っている
他にもコロンボのDVDで同じ事をしている。

つまり買わずに待つ方が得をする構造になっている
特典が違うのなら別だけどそうでないのが問題

短期的な利益を追求して高価なDVDを購入してきた層を蔑ろにするような製品を出した報いだと思う

映像ソフトを買ってもあまり見ないんですよね。みんな学習したのでは。

洋画は、すぐに(中身そのままな)廉価版が出て
アニメは、昔より一話辺りの単価が上がっている

これじゃ売れなくなるわな

VHSやLD時代には満たされていなかった過去作に対する消費者の所有したいという欲求が、DVD普及を伴ったあの一時期で満たされてしまったというのはあるのではないかと。
加えて、興行においても洋画の低迷は顕著だから、新作に対する需要も間違いなく落ちているし。

まああとは、一回見たら充分だからレンタルで済ますとかコピーだとか、それ以前に景気の問題だとかありますし。

初めから低価格で新作販売しないからだね。後で低価格で発売されると考えられるものを誰が買うだろうか。米国のように新作は最初は低価格、一年経過したら割引なしの定価による販売をなぜ日本はやらないのか不思議だ。

これが出るから、買ってて感じじゃなくなってる。
いっぺんに出し過ぎて、どれがいつ出たのかってかんじで。安売りしすぎるのも問題かな。海外みたいに、はじめから日本の半額程度ならうれるかもね。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第3回ブルーレイ大賞グランプリは「アバター」が受賞、ユーザー大賞は「エヴァ:破」 | トップページ | ブルーレイ新作情報、「ロビン・フッド」4/15、「十三人の刺客」5/27など »