« シャープ、「エヴァ電卓」「けいおん!電卓」「島耕作電卓」を発売 | トップページ | ここ数日のネタ »

2011/02/17

第3回ブルーレイ大賞グランプリは「アバター」が受賞、ユーザー大賞は「エヴァ:破」

2010年に国内で発売・販売されたBD作品の中からブルーレイの特色を最も引き出した作品を表彰する「DEGジャパン・アワード ブルーレイ大賞」の受賞式が本日2月17日に行われ、受賞作品が発表されました。

DEGジャパン、「第3回ブルーレイ大賞」の受賞作品を発表

グランプリは「アバター ブルーレイ版エクステンデッド・エディション」が受賞、また、ユーザーの投票によって決まるユーザー大賞には「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」が選出されました。

各部門の受賞作品はこちら

グランプリ
アバター ブルーレイ版エクステンデッド・エディション

ユーザー大賞
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.

ベスト高画質賞・映画部門
インセプション Blu-ray & DVDセット

ベスト高画質賞・ビデオ(TV・ドキュメンタリー・音楽)部門
NHK スペシャルドラマ 坂の上の雲 第1部 ブルーレイ BOX

ベスト高画質賞・アニメ部門
9<ナイン>~9番目の奇妙な人形~

ベスト高音質賞・音楽部門
小澤征爾75th Anniversary ブルーレイBOX

ベスト高音質賞・映像部門
ハート・ロッカー

ベストインタラクティビティ賞(高機能)
エイリアン・アンソロジー:ブルーレイBOX

ベストレストア賞
サウンド・オブ・ミュージック 製作45周年記念HDニューマスター版

ベストBlu-ray3D賞
Disney's クリスマス・キャロル 3Dセット

審査員特別賞
ヒックとドラゴン
マイケル・ジャクソン THIS IS IT
Healing Islands OKINAWA 2~宮古島~

ユーザー大賞は投票途中経過の時点でほぼ確定していた「エヴァ:破」で、昨年の「化物語」に続き2年連続でアニメ作品が受賞しました。

「エヴァ:破」は画質も音質もいまいちなので高画質・高音質・高機能のBDを選出するというBD大賞の趣旨から外れるものの、国内でのブルーレイ普及に大いに貢献した人気作品なので納得の受賞ですね。

« シャープ、「エヴァ電卓」「けいおん!電卓」「島耕作電卓」を発売 | トップページ | ここ数日のネタ »

BD/DVD」カテゴリの記事

コメント

ちょっと質問を。
「エヴァ:破」は画質も音質もいまいちなので
という事をいわれておりましたが
どこら辺がマイナスになるんでしょうか。
 自分なんかはBDみて画質は綺麗とおもったのですが
音としては、dolbyよりDTSの方が迫力があったかな程度の差でした。
 過去に記事等でまとめてあるのがあれば教えていただければとおもいますぅ。ではでは~

>投稿: | 2011/02/17 22:07
すみません"いまいち"というのはちょっと誤解を招く表現でした。

私もエヴァ破のBDは画質音質共に良い方だとは思います。十分合格点です。昨年私が観たBDソフトの中では平均以上、上位20%には入ります。
しかし、昨年は「エヴァ:破」以上のBDソフトも多かったので、BD大賞のノミネートに上がるほど優れているとは思いません。

なので、"いまいち"ではなく、"特に優れているわけでもない"という方が正確かもしれません。

まあ不満もないわけではないです。この1年でBDソフトの画質や音質の平均レベルは確実に上がっているのに「エヴァ:破」は前作の「エヴァ:序」からあまり向上していないように感じました。
BDソフト全体のレベルが上がっているということは喜ばしいことなのかもしれませんけど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シャープ、「エヴァ電卓」「けいおん!電卓」「島耕作電卓」を発売 | トップページ | ここ数日のネタ »