« 今年の恵方は南南東 | トップページ | 2月4日は「ぷよの日」 »

2011/02/03

2011年発売のBD機器より導入されたアナログ出力制限について

2009年6月に正式版が策定された著作権保護技術「AACS(Advanced Access Content System)」の運用規定により、2010年12月31日以降に発売されるAACS対応機器については、アナログ出力がSD解像度のインターレース出力(480i/576i)に制限されるようになりました。

関連■Blu-rayの著作権保護方式「AACS」の正式版が策定

この制限は全メーカーの全対応製品が対象で、2011年1月以降に発売される新製品は例外なくこの制限を受けます。また、2014年以降に発売される製品については、アナログ出力自体が禁止されることになっています。

今年になって各社からアナログ出力制限の対象となる製品が続々発表されるものの、メーカーサイトにアナログ出力制限についての情報はほとんど掲載されておらず、製品仕様に『アナログ出力が480i/576iに制限される場合があります。』という注意書きが小さな文字で記述されている程度でした。
このため、どういったコンテンツが制限の対象となるのか分からない状況でしたが、対象機器の市場流通にあわせてパナソニックがこの制限事項についての説明ページを先日公開しました。

D端子接続における、アナログハイビジョン映像出力規制に関するお知らせ

パナソニックの説明によるとアナログ出力制限を受ける条件と対象は、

条件:
ブルーレイソフト、放送を記録したBD-RE/RおよびDVD-RAM/R(HG~HZ)の映像

対象:
2011年1月以降生産開始される全てのメーカーのD端子またはコンポーネント映像出力端子を有するブルーレイ機器

だそうです。

D_port

BDレコーダーの場合の具体的な条件は以下の通り。 110203_02

■D端子の出力解像度が強制的に制限される条件

  • 市販ブルーレイソフト
  • BD-RE/R、DVD-RAM/R(AVCREC)に録画/ダビングした著作権有りのデジタル放送
  • BD-RE/R、DVD-RAM/R(AVCREC)からHDDにムブバックした著作権有りのデジタル放送

■制限されない条件

  • HDDに録画した著作権有りのデジタル放送
  • AVCHD/ライン入力から記録したコンテンツ
  • 市販DVDソフト(CSS規定でD2(480p)出力まで)

市販BDソフトについては、ICT(Image Constraint Token)フラグの有無にかかわらず強制的にSD出力に制限されるようです。
また、HDDに直接録画したデジタル放送は制限対象外となりHD解像度でアナログ出力できるものの、一度ディスクメディアにHD解像度で記録した番組をHDDにムーブバックした場合には制限対象となります。

うーん、市販BDソフトについてはICTフラグの有無によると思っていたので、強制制限というのには驚きです。
また、HDDに直接録画した番組は制限を受けないのに、HDDにムーブバックした番組は制限されるというのも腑に落ちないところではあります。
2014年以降に発売される機器もDOT(Digital Only Token)フラグの有無関係なしにこのルールに基づいてアナログ出力が禁止されるんでしょうかね。

とにかく、これから発売されるAACS対応機器では、HD解像度でのアナログ出力が大幅に制限されることになるので、近々BDレコの購入を考えている人は注意しましょう。

« 今年の恵方は南南東 | トップページ | 2月4日は「ぷよの日」 »

BD/DVD」カテゴリの記事

コメント

これ、かなり重要なことなのに、各社が分かりやすく
告知していなかったことに驚きです

HDブラウン管が現役の自分にとって、パナの新型レコは
去年のうちに出して欲しかった…

HDMI→コンポーネントの変換端子買えばいいんじゃね?
1万5千くらいするけどさ。

DVDのアプコンは許さないと言うことかい?

>フラグの有無にかかわらず強制的にSD出力に制限
>HDDにムーブバックした番組は制限される
AACSが絡んだものに対しては問答無用で制限って感じですかね

PS3もAACSの規定に準じて対応していくようですよ。
これって一から仕様見直しする必要あるのか、FWアップデートで対応できるものなのか・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年の恵方は南南東 | トップページ | 2月4日は「ぷよの日」 »