« ブルーレイ関連のネタ | トップページ | 発売前のニンテンドー3DSが早くも分解される、赤外線ポートを確認 »

2011/01/12

パナソニックがBDレコ新モデル発表、トリプルチューナー搭載など

パナソニックより、地上/BS/110度CSデジタルチューナーを3つ搭載したモデルなどブルーレイレコーダーの新機種が発表されました。

パナソニック、トリプルチューナ搭載の新ブルーレイDIGA
HDD搭載 ハイビジョンブルーレイディスクレコーダー 3D対応ブルーレイディーガ 6機種を発売

全モデルBDXLとBlu-ray3Dに対応、DMR-BZT900/800/700/600の4モデルは、業界初となるトリプルチューナー搭載で、Ethernet経由のスカパー!HDの番組録画と合わせると4番組同時録画が可能。

市販BDビデオのモバイル向け追加コンテンツサービス「e-move」(国内BDパッケージにモバイル用標準画質・ワンセグ画質を記録し、これをSDカードに転送するサービス)にも対応、e-move対応BDソフトからSDカードにモバイル用コンテンツを転送出来るようになるとのこと。

また、アニメ素材を高画質化する「アニメモード」も強化され、市販BDビデオでも「原画解像度変換」が利用出来るようになっています。

 
さらに、後からHDDを追加可能な単体BDレコも発表されています。

パナソニック、HDD追加可能な単体BDレコーダ

2月25日発売で、店頭予想価格は5万円前後の見込み。
BDXL対応、HDDは搭載していませんが、専用HDDを使うことで後からユーザーがHDDを追加することが可能。

 
なお、今回発表されたモデルは2010年12月31日以降に製造される機種になるため、AACSの運用ルールにより、D端子からのアナログ出力が480i/576iに制限される場合があるとのこと。
この制限が、ICTフラグ付のAACS保護コンテンツのみなのか、すべてのAACS保護コンテンツが対象なのか詳細は不明。

 
ブルーレイマイスタークイズ

« ブルーレイ関連のネタ | トップページ | 発売前のニンテンドー3DSが早くも分解される、赤外線ポートを確認 »

BD/DVD」カテゴリの記事

コメント

おや?
DMR-BR30はDMR-BRT30ではないので、Blu-ray 3Dは非対応かと・・・。

>>Oh!はは さん
ご指摘ありがとうございます。
BR30はBlu-ray3D非対応ですね、後ほど修正しておきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ブルーレイ関連のネタ | トップページ | 発売前のニンテンドー3DSが早くも分解される、赤外線ポートを確認 »