« アマゾンがBD・DVD年間ランキング発表、総合1位はエヴァ破 | トップページ | 12/28のネタ »

2010/12/27

【速報】私的録画補償金訴訟、請求棄却で東芝勝訴

アナログチューナーを搭載しないデジタル専用録画機器の私的録画補償金をめぐりSARVHが東芝に対して起こしていた訴訟の第一審判決が言い渡されました。

「一般社団法人インターネットユーザー協会」(MIAU)の代表理事 津田氏と小寺氏のツイートによると、東京地裁は原告であるSARVHの請求を棄却、東芝が勝訴したそうです。

Twitter / @津田大介: 【速報】私的録画補償金をめぐる私的録画補償金管理協会 ...

@tsuda
津田大介
【速報】私的録画補償金をめぐる私的録画補償金管理協会(SARVH)と東芝の裁判で、東京地裁はSARVHの請求を棄却。東芝が勝訴しました。

Twitter / @小寺信良: 原告の訴えを棄却、東芝勝ちました。 ...

@Nob_Kodera
小寺信良
原告の訴えを棄却、東芝勝ちました。

なお、原告のSARVHは控訴する見通しのようです。

デジタル専用録画機の補償金問題でCulture First会見

実演家著作隣接権センター 運営委員の椎名和夫氏は、私見と断りながらも、「(27日に一審判決が出るが)いずれにしろ、どちらも控訴するだろう」との見通しを示す。

 
17:30追記
日本経済新聞の記事によると、

デジタル録画機の著作権料訴訟、支払い拒んだ東芝が勝訴

大鷹裁判長は判決理由で「デジタルDVDレコーダーは、利用者が著作権料を負担するべき機器に該当する」と認定。しかし、著作権料をメーカーが集めて協会に支払う義務については「著作権法はあえて『協力』という抽象的な文言にとどめており、法的強制力を伴わない義務と解すべきだ」と指摘し、東芝側は支払い義務を負わないとの結論を出した。

と、メーカーが補償金を消費者から集めて協会に支払う義務については法的強制力はないと認めたものの、アナログチューナー非搭載のデジタル専用レコーダーについては録画補償金対象に該当するとの判断がなされた模様。

しかしながら、メーカーが協力せずに消費者から直接機器の補償金を徴収するのは現実的ではないので、SARVHにとって厳しい判決なのは確かです。

メーカーにはこの判決カードを有効に使って、補償金徴収に協力する代わりにダビング10廃止というところまで持っていってほしいところ。
とにかく、この判決を機にダビング10や補償金制度の見直しが進み消費者にとって良い方向に向かってくれることを期待します。

関連
SARVH対東芝の補償金訴訟、27日に判決へ これまでの経緯を振り返る
デジタル専用レコーダーは補償金の対象か SARVH・東芝訴訟、判決言い渡しへ

« アマゾンがBD・DVD年間ランキング発表、総合1位はエヴァ破 | トップページ | 12/28のネタ »

コメント

ざま~~!!飯ウマ!!

ダビングに規制掛けてるんだから保証金は無し。
補償金徴収するんだったらダビング10廃止。
誰が考えても当然の流れだと思うんだけど。

保証金が本来の意味を逸脱して、
ただの既得権益になり下がってますからね。
その時点で権利者側の大義名分は「死に体」状態。
消費者側/家電メーカー側の主張に一切耳を傾けず、
「子供のわがまま」と言い放った権利者側はさしずめ
「耳の遠い老人」といった所でしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アマゾンがBD・DVD年間ランキング発表、総合1位はエヴァ破 | トップページ | 12/28のネタ »