« torne 次期アップデートでTwitterと連携したライブ機能を実装 | トップページ | TSUTAYAがBD/DVDセル・レンタルの年間ランキング発表、ほか »

2010/11/18

2000台のPS3を使った米空軍のクラスターシステム、12月より稼働

米空軍が導入を進めていた2,000台のPS3を使ったクラスターシステムが12月から稼働を開始するようです。

米国空軍研究所、PS3®を用いた世界最高レベルの高速クラスターシステムを構築

既に稼働中の336台のPS3クラスターシステムに、フィックスターズが納入した1700台のPS3を追加、合計2,016台のPS3を連結して500テラFLOPSの処理速度を実現する見通しだそうです。

安価なPS3を採用することで、プロジェクト全体の初期投資を200万ドル(約1.6億円)に抑え、投資対効果では世界トップレベルのシステムを実現しているとのこと。

処理速度500テラFLOPSといえば先日発表されたスパコン世界ランキングで12位に入る性能、これをわずか200万ドルで実現しているというから驚きです。

米空軍、『PS3』利用で200万ドルのスパコンを開発中
米空軍のPS3クラスタ、当初計画の2200台から1700台に数量変更
アメリカ空軍、2200台のPS3を購入予定。軍内部のシステム開発や研究目的に

« torne 次期アップデートでTwitterと連携したライブ機能を実装 | トップページ | TSUTAYAがBD/DVDセル・レンタルの年間ランキング発表、ほか »

GAME」カテゴリの記事

コメント

ファームウェアのバージョンが気になるところ。Linuxが使える3.15までだとは思うけど。

国家プロジェクトだし、
SCEAにカスタムFWとか発注してそうだけど…
そもそもSCEAへの根回し無しに軍事転用なんてしたら、
ソニー本社も黙って無いような…

前回みたいにおもちゃ屋で買ってきて組んだのでは
ファーム変更のような不測の事態に対応できないから
フィックスターズっていう会社を法人窓口に仕立てて
法人使用の特注品として納品してもらうことにしたんだろ

ファームも3.15とか古いの使ってるんじゃなく
3.50など新しいのをベースにしてある専用仕様だろうと思う

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« torne 次期アップデートでTwitterと連携したライブ機能を実装 | トップページ | TSUTAYAがBD/DVDセル・レンタルの年間ランキング発表、ほか »