« 風邪ひいた | トップページ | PlayStationMoveのコントローラを分解してみた »

2010/10/21

Appleが新MacBook Air発表 11型モデルは8万8800円より、ほか

アップル、11型液晶/1.06kgで88,800円の「MacBook Air」 ~13型モデルは118,800円から
13インチモデルも一新:アップル、8万8800円からの「11インチMacBook Air」
新 MacBook Air 発表、11型は重さ1kg・64GBで8万8800円から。
新 MacBook Air 11インチ vs 13インチ 比較ギャラリー
重さ1.06kgの11型液晶搭載モデルが8万8800円~、重さ1.32kgで13型液晶搭載モデルが11万8000円~。

Apple、Mac OS X Lionを来年夏にリリース
Mac App Storeもオープン:次期Mac OS X Lionを発表、2011年夏に発売
アップル、Mac OS X Lion を予告。11年夏にリリース

東芝、実売2万円のコンパクトBlu-ray Discプレーヤー
Blu-ray3Dには非対応。

パナソニック、世界最小で縦置き可能なBDレコーダ
BDXLには非対応。

「glee/グリー」日本語吹き替えには豪華声優キャストが登場!!
レイチェル役 坂本真綾、フィン役 小野大輔、クイン役 水樹奈々、ウィル役 森川智之、エマ役 日高のりこ。
字幕版の第1話がAmazonで無料配信されてます。
『 glee/グリー 踊る♪合唱部!? 』第1話「新生グリー誕生」<字幕版>無料配信中!

スタジオジブリ、『アリエッティ』の次は宮崎駿監督作品?広報部長が報告!
宮崎駿監督が現在制作中の作品「パン種とタマゴ姫」は、10~12分の短編作品で11月20日からジブリ美術館にて公開予定。

【小寺信良の週刊 Electric Zooma!】第484回:行くところまで行っちゃったレコーダ、DIGA「BWT3100」

SCE、21日発売のMoveと、torneのユーザーに注意喚起
PlayStationMoveを遊ばれるお客様へ
結構重要な情報なのに発売日前日での告知。まあtorneの録画失敗じゃないだけよかったと言うべきか。

PlayStationEyeの使用中にtorne(トルネ)の同時録画が開始されると、PlayStationEyeの動作が不安定になることがあります。
PlayStationMove向けタイトルのプレイ時でも、ゲームの動作が鈍くなったり、モーションコントローラのキャリブレーションに失敗することがありますので、torne(トルネ)の同時録画機能を有効にする場合は上記の点にご注意ください。

そういえば今日はMoveの発売日だった。

■Amazonに登録されたBDソフト
特攻野郎Aチーム THE MOVIE<無敵バージョン>ブルーレイ&DVDセット(初回生産限定) 2011/1/7発売、定価3,990円

30周年記念コンサート~ライヴ・イン・トウキョウ 2010 12/22発売、定価5,800円
Berryz工房 コンサートツアー 2010 初夏 ~海の家 雄叫びハウス~ 12/22発売、定価6,000円

死の標的 12/23発売、定価2,500円
仮面の男 12/23発売、定価2,500円
ガール・ネクスト・ドア 12/23発売、定価2,500円
カリフォルニア 12/23発売、定価2,500円
ウォール街 12/23発売、定価2,500円
トーマス・クラウン・アフェアー 12/23発売、定価2,500円
(500)日のサマー 12/23発売、定価2,500円
プレデター (特別編) 12/23発売、定価2,500円
ハイ・クライムズ 12/23発売、定価2,500円
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 12/23発売、定価2,500円
TAXI NY 12/23発売、定価2,500円

鉄の王 キムスロ 第一章 <ノーカット完全版>【ブルーレイ&DVD】 2011/1/19発売、定価17,640円
鉄の王 キムスロ 第二章 <ノーカット完全版> 【ブルーレイ&DVD】 2011/2/16発売、定価17,640円
鉄の王 キムスロ 第三章 <ノーカット完全版> 【ブルーレイ&DVD】 2011/3/16発売、定価17,640円
鉄の王 キムスロ 最終章 <ノーカット完全版> 【ブルーレイ&DVD】 2011/4/2発売、定価17,640円

« 風邪ひいた | トップページ | PlayStationMoveのコントローラを分解してみた »

コメント

宮崎監督は何回引退宣言をしただろうか…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 風邪ひいた | トップページ | PlayStationMoveのコントローラを分解してみた »