« ソニーの学習リモコン新機種とか | トップページ | キヤノンがプリンタ/複合機の新機種発表、ほか »

2010/08/29

Kindle3買ったよ&ちょっとだけ分解してみた

第三世代のKindle(以下Kindle3)が昨日28日到着。軽いっ!電子ペーパーの質感がより紙に近くなった!というのが第一印象です。
ということで簡単なファーストインプレなど。

100829_01

購入したのは3GなしWi-Fiのみのモデルで価格は139ドル、これに純正カバー、送料、関税のデポジットなどトータルで約210ドル(1万8千円)でした。

Kindle Wireless Reading Device, Wi-Fi, 6 US$139
Kindle Leather Cover, Black (Fits 6 US$34.99

電源切っても表示を保持出来る電子ペーパーらしく操作説明が画面表示された状態で届きます。

100829_02

箱の中身は本体とACアダプタ、USBケーブル(Kindle DX付属のケーブルより径が細い)、取説代わりのクイックスタートガイドのみ。
クイックスタートガイドはすべて英語、でもなぜか同時に購入した純正カバーのマニュアルには日本語の記述もありました。

100829_03

サイズは同じ6インチ表示の旧Kindle(以下Kindle2)より縦横それぞれ約12mm小さい190mm×123mm×8.5mm。
角川文庫などのA6サイズの文庫本が148mm×105mm、ハードカバー小説などのB6サイズの一般書籍が182mm×128mmなので、文庫本より大きくハードカバー本より小さいです。

100829_05
下からKindleDX、iPad、Kindle3、iPhone3

100829_04
KindleDXの画面サイズより小さい

重量は実測で224g(スペックだと241g)、ちょっと厚めの文庫本と同じぐらいの重さ、同時に購入した純正カバー(156g)を付けても380gと、だいたい400~600gあるハードカバー本より軽量、片手で読書余裕です。

ちなみに画面サイズが9.7インチのKindleDXは実測で540g、純正カバーが318gなので合計で858g、カバー付けると片手持ちでの読書はほぼ無理。

方向キーやメニューキーもキーボード周辺に配置されています。キーは小さいけれど押しやすくなかなかの好印象。ただし方向キーの操作性はイマイチ。KindleDXに比べるとかなり改善されたものの、中心の決定キーが大きい割に周りの方向キーの幅が狭いのでちょっと押しづらいです。

100829_06

Kindle2にあった独立した数字キーがなくなり、KindleDX同様にアルファベットキー最上段が数字キーを兼ねてますが、キートップ上の数字刻印がないので、数字は入力しにくいです。

画面サイズは6インチ(約120mm×90mm)、A6文庫本の余白を除いた文章印刷部分と同じぐらい。
このサイズ、pdfの自炊コミック表示は厳しいけれど、青空文庫のKindle用pdf表示にはまったく問題ないサイズです。

コントラストが従来モデルより50%向上したという電子インクは黒がより黒く表示されるようになり、これまで以上に紙に近づいた印象です。
ページ送り時の電子インクの画面リフレッシュ速度はKindleDX比で体感1.2~1.5倍は速くなったように感じます。速くなったといっても、やっと不満がなくなったというレベル。

Kindle3は初めから日本語フォントが内蔵されているので、Jailbreakしなくても日本語の表示が可能です。フォントは丸ゴシックっぽいデザインのフォントでそれなりに見やすいです。
ただし、Kindle3本体のメニューなどは英語のまま、日本語入力も無理。

KindleDXではまともに使えなかったブラウザはWebKitベースに一新され、コンテンツによってはそこそこ使えるブラウザになっています。サイトをKindle3のブラウザで操作閲覧がしやすいように最適化するサービスなどが登場すればKindle3の新たな使い方が広がるかも。

それにしてもブラウザ使ってるとついつい画面タッチしたくなるのはiPadの影響だろうか…。

軽く分解、裏蓋だけ開けてみました。

100829_07

裏側のプラスチックカバーは爪で止まっているだけなので、基本的にスクレイパーを隙間に入れて引っかかりを外してこじ開けていきます。
爪の数が非常に多いですが、左右の爪4カ所ずつ計8カ所を外したら、あとは力任せに引っ張れば上下と四隅、真ん中の爪は簡単に外れます。

100829_08
ここ注意が必要

スクレイパーを差し込む際に電子インクのフラットケーブルを傷つけないように注意、というかちょっと傷つけた…。

シリアルポートも健在。

100829_10
この黒いプラスチックの下がシリアルポート

黒いプラスチックを外すと…

100829_11
実は裏蓋を開けなくてもシリアルポートにアクセス可能

Kindle3本体左側面にある専用カバー取り付け穴に専用治具を突っ込めばシリアルポートにアクセス出来るようになってました。

100829_13
画像はイメージです

こんな治具を作れば本体を開けることなくいつでもコンソール接続が出来そう。

100829_12
KindleDXだとこんな感じ

100829_14
今回は半田付け

パッドは上からVCC、GND、Rx、Tx、無事コンソール接続も出来ました。
VCCはLEDライト付専用カバー用かな?

Kindle Lighted Leather Cover, Black (Fits 6 US$59.99

ブートログ
kindle3boot.log

100829_15
バッテリーは3.7V 1830mAh 6.8Wh

KindleDXのバッテリーが3.7V 1530mAh 5.66Whなので、Kindle3はKindleDXより容量アップしています。

« ソニーの学習リモコン新機種とか | トップページ | キヤノンがプリンタ/複合機の新機種発表、ほか »

コメント

ちっさ・・・
いらねー

電子ペーパーってやっぱり薄いんですか?
できればそこまで分解をお願いします(*^-^)

kindleでコミック読めるレベルになったら買おうかな。

大きさ的にあまり大きくなると重くなるし嫌だが
もうちょっと画面の横幅はほしいですね。

今回も分解か、さすがだなー(中身の紹介か)
とスクロールしていったらいきなり半田付けで噴いたw

お名前オータさんなんですか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ソニーの学習リモコン新機種とか | トップページ | キヤノンがプリンタ/複合機の新機種発表、ほか »