« Amazonブルーレイ最大60%オフ&2枚で20%オフキャンペーン実施中 | トップページ | アップル新製品をいろいろ発表、ほか »

2010/07/27

PS3システムソフト3.41リリース、システムソフトの差分アップデート機能実装

PS3のシステムソフト3.41がリリースされました。

公式サイトによると更新される主な機能は、

  • PlayStation Storeのトップページや商品の詳細ページに、おすすめ商品を表示するようになりました。
    おすすめ商品は、購入履歴などをもとに自動的に作成されます。
    ※おすすめ商品の表示機能は、7月末から有効になります。

とのこと。

なお今回のアップデートより、アップデートするPS3のシステムソフトバージョンによっては、容量170MB近いアップデートファイルから更新しなくても、容量の小さな差分ファイルから更新が出来るようになったみたいです。

サーバ上のアップデータURLリストの記述からすると、システムソフト3.40からの更新時には"PS3PATCH.PUP"という差分ファイルを使用するようです。

3.41の差分ファイル"PS3PATCH.PUP"の容量は37.1MB、通常のアップデートファイル"PS3UPDAT.PUP"の容量が約171MBなので1/4以下の容量です。
アップデートにかかる時間が大幅に短縮されることに期待して3.40からアップデートしてみましたが、なんか通常のアップデートと同じくらいの時間がかかりました。
3.40では差分アップデート機能はまだ有効になってないのかな?まあ差分アップデートが出来ることは確かなんですけど…。

19:30追記
差分アップデートが有効になっているのか「インターネット経由でアップデート」時のPS3とサーバ間のデータのやりとりを調べてみました。
3.30から3.41にアップデートしようとすると容量171MBの"PS3UPDAT.PUP"をダウンロードしますが、3.40から3.41にアップデートしようとすると容量37.1MBの"PS3PATCH.PUP"をダウンロードしていることを確認しました。

ということで、差分アップデート機能は有効になっていました。

ダウンロードするファイルサイズが1/4以下ですむので、ネットワーク帯域の狭い環境だと差分アップデート機能による恩恵を受けられそうです。

また、ダウンロード完了後の実際の更新(インストール)にかかる時間は、3.30から3.40への更新が約3分30秒、3.40から3.41へのPS3PATCH.PUPを使っての更新が約3分5秒でした。
アップデートするバージョンが異なるため単純比較は出来ませんが、インストール時間短縮についてはあまり効果ないようです。

« Amazonブルーレイ最大60%オフ&2枚で20%オフキャンペーン実施中 | トップページ | アップル新製品をいろいろ発表、ほか »

GAME」カテゴリの記事

コメント

データサイズが1/4以下になったのは大きなメリットですね。
みんながみんな光回線なわけではないし、
VerUP公開日のトラフィックも膨大だったでしょうからね。

>>BASICさん
実際に検証した結果を追記しましたが、ちゃんと動いてました。
インストール時間も1/4になってくれればうれしいんですが、そうはいかないようでちょっと残念。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Amazonブルーレイ最大60%オフ&2枚で20%オフキャンペーン実施中 | トップページ | アップル新製品をいろいろ発表、ほか »