« PS3の新モデル「CECH-2500A」買ったよ | トップページ | PS3の新モデルCECH-2500Aを分解してみた »

2010/07/29

PS3の新モデル「CECH-2500A」の消費電力を測定してみた

本日発売の新型PS3「CECH-2500A」は前モデル「CECH-2100A」からカタログスペック上の消費電力が20W下がって230Wになっています。
この230Wという数値はカタログスペックであり、実際の消費電力はかなり低いのですが、カタログ値での20Wの違いが実際の消費電力でどのくらい下がっているのか調べてみました。

測定にはワットチェッカーTAP-TST5を使用、クーラーの室温設定は27℃、システムソフトのバージョンは購入時の3.30、USBポートにはtorneと外付けHDDを接続。

モデル名
(システムソフトVer.)
CECH-2500A
(3.30)
CECH-2100A
(3.20)
CECH-2000A
(3.21)
XMBメニュー(静止画壁紙) 65W 67W 76W
XMBメニュー (テーマ標準) 69W 71W 83-86W
torne トップメニュー 73-75W 76-77W 92-93W
torne 番組録画&視聴 73W 73W 84-87W
ゲーム FFXIIIイベントシーン 74-81W 78-83W 96-107W
ゲーム FFXIIIメニュー画面 72W 74W 83-84W
BD再生時 75-77W 77-78W 88-91W
電源オフ(リモートプレイスタンバイ) 9W 9W 9W

※参考としてCECH-2000AとCECH-2100Aの前回測定した結果も掲載。測定条件が異なるので注意。
そのうち全部3.41にして条件を揃えて測定し直します。

実際の消費電力はCECH-2100Aとあまり変わらず、この程度なら本体の個体差/測定条件違い/測定誤差といっていいような数値です。

発売前にSCEのサポートに問い合わせたら、「CellとRSXのプロセスは2100から変わらず(Cell45nm、RSX40nm)、内部設計の見直しによって消費電力が下がった」というような回答だったのでもう少し消費電力下がっていることを期待してたんですけど。

せっかく分解用に買ったのだから中身が変わってることに期待。

そして分解記事へ続く。
PS3の新モデルCECH-2500Aを分解してみた

« PS3の新モデル「CECH-2500A」買ったよ | トップページ | PS3の新モデルCECH-2500Aを分解してみた »

GAME」カテゴリの記事

コメント

その微妙に変わったところを探すのが、ポケットさんの使命ですね。

それぞれの型で長時間つかったときのファンの音の大きさもぜひ調べてほしいですね

206 名前: シギウナギ(東京都) 投稿日: 2010/06/12(土) 20:02:05.79 ID:KQ4jjHUD
BDドライブ基盤のオンボード化がありそう

ビンゴか

これからPS3購入予定のオイラには、とてもスバラシイ情報、、、ありがとです。間違っても2000型は買わないようにします。

分解お疲れ様です!

大体2~3Wの削減が行われている様ですね。
このレンジの消費電力での3Wは大きいですよ。
特に常夏の今夏は、部屋から1Wでも熱源を減らしたい所ですねw

平均2Wの違いとして24時間365日動かすと1kWh25円で年間440円の差。ヘビーユーザーで150~200円の差、普通のユーザーではせいぜい数十円の違いか。
2000→2100みたいに20Wくらい違うならともかく、この程度なら2500より実売価格で数千円安い2100を買ったほうがいいかも。

3000円の差だったら、40G増量と2~3watts低下で、
新型でしょ。

3000円の差だったら、2100A買ってWD7500BPVTに換装するでしょ。

消費電力なんて些細な問題だし
何故ヒートシンクをコストアップしてまで弄ったのかと、BDドライブの違いの方が重要だと思うけど

耐熱性能を上げたんだろうね。
つまりひどく暑い場所で使って壊れて
一年保障で修理というケースが減らせるわけだ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« PS3の新モデル「CECH-2500A」買ったよ | トップページ | PS3の新モデルCECH-2500Aを分解してみた »