« 東大研究チーム、BDの200倍の情報が記録できる新素材を発見、ほか | トップページ | ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破のブルーレイ購入 »

2010/05/25

キヤノンが家庭用SEDテレビの開発を凍結

日本経済新聞紙面記事より、キヤノンが家庭用SEDテレビの開発を凍結する方針を固めたそうです。

キヤノン、家庭用SEDテレビ開発凍結 業務用に照準

液晶、プラズマの価格下落にSEDの製造コスト削減が追いつかないと判断した模様。
家庭用としての開発を断念し今後は業務用ディスプレイ用途として開発を続けるようです。

例のコピペを置いておきますね。

SED開発の壮絶な歩み

「2002年に月産5万台を目指す」
http://techon.nikkeibp.co.jp/members/02db/199906/24364/

「2003年春に実用化し、2003年内に商品化する」
http://techon.nikkeibp.co.jp/members/01db/200206/1012196/

「2004年中にも製品化する」
http://www.ednjapan.com/content/l_news/2003/12/17_06.html

「販売開始は2005年後半を予定」
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20041227/toshiba.htm

「2005年度中、2006年春に最終製品の市場投入を目標」
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20050531/sed.htm

発売時期は「2006年前半」
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20050904/108242/

東芝、SEDの今春発売を来年に延期か
http://www.asahi.com/business/update/0221/126.html

「(2006年)夏商戦は微妙。年内には何とか発売したい」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060228-00000068-mai-bus_all

「2006年中のSEDテレビの発売には反対」,東芝の藤井常務
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20060306/114132/

「発売を2007年第4四半期に延期する」
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20060308/sed.htm

<キヤノン社長>SED使用のテレビ事業「やめない」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060310-00000103-mai-bus_all

「SEDテレビの販売開始は2007年度第4四半期(=2008年1~3月)」
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20060511/toshiba.htm

2007年後半は55型のみ、本格量産は2008年から
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20060903/ifa04.htm

キヤノンの次世代テレビ、発売初夏にずれ込み
http://www.asahi.com/digital/av/TKY200601050231.html

「SED量産工場白紙」報道,キヤノンは否定も肯定もせず
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20070104/126047/

11:20追記
PhileWebがSED開発のこれまでの歩みを纏めた記事を掲載しています。

キヤノン、SEDテレビの開発を中止 - SEDのこれまでの歩みを振り返る

« 東大研究チーム、BDの200倍の情報が記録できる新素材を発見、ほか | トップページ | ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破のブルーレイ購入 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コピペ、同じ物が複数ありませんか? 「2002年に月産5万台を目指す」とか

>>投稿: | 2010/05/25 09:53
コピペミスです、すみません修正しました。

有機ELとは違って、商品化の目処すら立たなかったんでしょうね…(´;ω;`)

もし訴訟問題が無ければ歴史は変わっていたのかもしれないですね。
とにかく時間に恵まれなかったように感じられます。

解ってはいたけど正式に発表されるとショックだ。
SED貯金してたのに

ソニーのFEDも業務用に何台か売っただけでなしになっちゃったしね…。
画質と応答速度はピカ一なだけに惜しい…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東大研究チーム、BDの200倍の情報が記録できる新素材を発見、ほか | トップページ | ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破のブルーレイ購入 »