« SPEがブルーレイを2500円に値下げ、Amazonでは20%オフの2000円 | トップページ | 128GBの大容量ブルーレイ「BDXL」発表、主に業務用 »

2010/04/03

CupCakeCNCとりあえず完成

CupCakeCNC製作も佳境、今回の作業はケースへのXYステージ組み込みからです。
作業時間は20分程度でした。

100402_01

リニアシャフトの長さが約2mm短くて、このままだとXステージ移動時にシャフトがぶれるので、ケースとシャフトの隙間に詰め物をしてガタツキをなくします。
Xステージを本体に組み込んで左右に動かして引っかかりがないことを確認してからシャフトホルダーをホットボンドで固定。

100402_06
XYステージ組み込み完了

いよいよCupCakeCNCの心臓部分ともいえる樹脂押し出し機Plastruder MK4の製作。
まずは固定するための土台作り。素材がベニヤ板ではなくアクリル板だけど組み方は同じ。

100402_02
恐竜に似た形状なのでWeird Dinosaurという名前

土台の次は樹脂を加熱して熔解するヘッド部分と樹脂の押し出し機構の組み立て。製作途中の画像は一切ありません。なぜなら作業に集中していて写真撮るの忘れていたから。

100402_03
完成したヘッド部分、赤のリード線が樹脂を加熱溶解するヒーター、青がサーマルセンサー

樹脂の押し出し機構の組み立て部分も画像なし。足りなかった部品の1つはこの押し出し機構に使うベアリング2個だったのでホームセンターで調達してきたものを使用。特殊な部品じゃなくてよかった。

100402_04
Plastruder MK4完成

このPlastruder MK4の製作時間は約3時間。ここでミスがあると樹脂を押し出すときに最悪部品破損ということになるので慎重に作ったため、かなり時間がかかりました。

100402_05

組み立てはwiki通りで問題なかったものの、上の画像でM3×16mmナットを使って締めることになっている部分、M3×16mmだと長すぎるけれど短いナットは付属していなかったので、ボルトとワッシャーを噛ませて長さを調整して使っています。

100403_01
本体への組み込みも完了

最後は電源やステッピングモーターの配線。
注意点は、自分でかしめる必要があるドライバボードのケーブルとコネクタの極性を間違えないことと、ATX電源の電圧切り替えSWを115V側にするのと忘れないことぐらい。

100403_02
全ての配線が完了

100403_03
やっと完成!

本体組み立てにかかった時間はトータルで約8時間。組み立て前の下準備として行ったベニヤ板のヤスリがけとニス塗りが一番手間かかっているかもしれません。

次回は通電しての動作確認とファームウェアアップデートそして各箇所の調整です。

« SPEがブルーレイを2500円に値下げ、Amazonでは20%オフの2000円 | トップページ | 128GBの大容量ブルーレイ「BDXL」発表、主に業務用 »

コメント

私も実は先日オーダーしましたw いつ届くのやら。。。

Makerbotに会社みてみたーいって直接メール打ってみたところ「軽いツアーでもやるかい? いつでもメールしてね」という返信がかえってきたので今度行ってみようかとおもいます。

>>lvgさん
今でもオーダーしてから数ヶ月はかかるみたいですね。
NY在住ですか?オープンソースハードウェアの開発販売をしているだけあって会社もオープンな感じで非常に楽しそうですよね。会社訪問うらやましい。

そうなんですよ。。。なんかIsaacさんに直接メールしてみたら5月の中ばになるそうな。。。待ち遠しいですー!

彼らはギークといっても電気機器ギークなんでどちらかというと気さくですねw マンハッタンに住んでますが電車ですぐ10分ほどでつける距離でしたよ(マップで調べてみたら)
ただ平日なんでいついけるのやらw 訪問した際にはぜひ教えますねー

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« SPEがブルーレイを2500円に値下げ、Amazonでは20%オフの2000円 | トップページ | 128GBの大容量ブルーレイ「BDXL」発表、主に業務用 »