« PS3システムソフト3.21リリース | トップページ | 新ビバリーヒルズ青春白書が明日からスタート »

2010/04/01

自作3DプリンタキットCupCakeCNC製作状況報告

本格的な組み立てに入ります。

組み立て前に、欠品パーツの方はUSPSのInternational Priority Mailで発送してもらったので来週頭ぐらいには届きそうです。

ということでまずはYステージの組み立てからです。ワーク台を前後に動かす土台になります。構成部品も少なく作業も簡単なので手始めに組み立てるには最適。

100329_01
Yステージの部品はだいたいこんな感じ

ベニヤ板に磁石を埋め込むという作業に時間がかかったものの約40分で完成。

100329_02

マニュアルではここでY軸リニアシャフトを通すプラスチック製のシャフトホルダーをホットボンドか瞬着で固定するようになってるけど、ここではまだ固定しないほうがいいです。

次はXステージの製作です。Xステージを左右に動かす土台です。

100329_03
実際組み立てに使うリニアシャフトは画像に写ってるのより短いのを使用

Yステージがスムーズに動くのを確認してからYステージのシャフトホルダーをホットボンドで固定。さらにリニアシャフトに潤滑剤としてシリコンスプレーを散布。

100329_04
約90分で完成、なんかマシンっぽくなってきた

Xステージのシャフトホルダーもここで固定せずに、ケースに組み込んでリニアシャフトを通し動きを確認してから固定します。

ケースの組み立てです。
本家マニュアルの順番通りにベニヤ板同士を組んでいくだけと作業自体は簡単なんだけどボルト止め箇所が多くかなり面倒な作業でした。ナット・ボルトが小さいんで指が痛くなる…。

100329_05
制御基板はケース外側に固定

ニスを塗るときには注意していたはずなのに、やはりほぞ穴にニスが垂れている部分があって、そのせいで組むときにほぞが入りにくい部分がありました。ヤスリで削って対処したけれど、ニスを塗るときには十分注意が必要です。

そしてZステージの製作。熔解樹脂を押し出すヘッドを上下に動かす昇降台です。

100329_06

切断面の処理が雑でバリがあってナットが入らなかったのでグラインダーで削ってバリを取ってから金属の削りカスを落とすため脱脂溶剤でよく洗浄、その後潤滑油を散布。

100329_07
切断面の処理が全くされていないので注意

100329_08
Zステージ昇降のシャフト組み込み完了

タイミングベルトとプーリーをケース上部に取り付けます。

100329_09

今回はここまで。

次回はケースへのXYステージの組み込み。それで本体部分はほぼ完成です。
あとは3Dプリンタの心臓部分となる熔解樹脂押し出しヘッドの組み立てと配線を残すのみ。なんかニス塗り作業が一番手間と時間がかかってるような…

« PS3システムソフト3.21リリース | トップページ | 新ビバリーヒルズ青春白書が明日からスタート »

コメント

リンク先の機械より綺麗ですね。早くこれで作成した
キャラが見たいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« PS3システムソフト3.21リリース | トップページ | 新ビバリーヒルズ青春白書が明日からスタート »