« Amazonに登録された新作BDソフト | トップページ | 薄型PS3にピッタリなUSBハブ&カードリーダー買ってみた »

2010/03/28

今日のCupCake CNC

CupCake CNCぼちぼちと組み立てていきます。
紙のマニュアルは同梱されていないので下記のサイトを参考にしてます。

MakerBot Industries: Cupcake CNC Batch 10 Build Instructions
公式Wikiにあるマニュアル(英語)。公式だけあってTipsやFAQなどが充実。

CupCakeCNC - PukiWiki
国内でCupCake CNCを販売しているHotproceedのWiki。日本語化されたpdfマニュアルもダウンロードできます。購入者だけではなく一般にも公開しているのはうれしいところ。

MAKE: Japan : CupCake CNCを作る -- Part 1: 序章と経緯
MAKE日本語サイトのCupCake CNC製作記。購入のきっかけとなった記事です。製作途中のまま更新が止まっているのが残念。

水星工房 - CupCake CNC メモ
個人の方の製作記、組み立てから3Dプリント時の注意点などが纏まっています。今後役に立ちそうな情報ばかりです。

CupcakeCNCを使うブログ CupcakeCNC
こちらも個人の方の製作記。破損しやすいパーツの情報などもあり、組み立て時の参考になります。アクリルプレートの割れに注意φ(..)メモメモ

欠品パーツについてはMakerBotにメールしたけど連絡なし。
代用部品を見つけられそうなパーツなので最悪なくても大丈夫だろうということで、組み立てを開始します。

CupCakeCNCは本体がベニヤ板で出来てます。そのまま組んでも問題ないんですが、表面保護のため塗料やニスで塗装した方がいいようなので、今回はベニヤ板パーツへのニス塗りを実施しました。

まず、ベニヤ板の表面を240番のサンドペーパーで軽く研磨、粉塵を濡れ布巾で拭き取ってから家にあった水性カラーニス(ライトオーク)を刷毛で塗り塗り。

100327_01
(左)カラーニスを1回塗ったもの、(右)塗る前

細かいパーツについてはベースの板から切り離さずにニスを塗りました。約3時間ほど置いて完全に乾いてから400番のサンドペーパーで表面を研磨。細かいパーツはここでベース板から切り離し。
レーザーカットされたベニヤ板は切断面が炭化していて触れたときにススが付いて黒く汚れるので、切断面のススを拭き取ります。

全パーツの粉塵とススをよく拭いてから仕上げのニス塗り。本当は3,4回ニスを塗り重ねるといいんだろうけど面倒なので2回だけで終了。切断面にも忘れずにニスを塗って完成です。

100327_02
ベニヤ板のパーツ全部

前面パネルのロゴはマスキングしてからスプレーで黒く塗ってみました。
ここまで作業時間約5時間(乾燥時間含まず)。

次回はY軸ステージの製作予定です。

« Amazonに登録された新作BDソフト | トップページ | 薄型PS3にピッタリなUSBハブ&カードリーダー買ってみた »

コメント

連絡が無いというのは酷い会社ですね。

>>まうんとさん
29日深夜に連絡が来ました。足りないパーツを送ってくれたそうです。25日深夜にメールしていたんですが土日挟んでいたので対応としてはこんなものかもしれませんね。

数回のメールやりとりを覚悟していたのにその必要がなかったのは素直にうれしいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Amazonに登録された新作BDソフト | トップページ | 薄型PS3にピッタリなUSBハブ&カードリーダー買ってみた »