« ブルーレイ「風の谷のナウシカ」7/14に発売&予約開始 | トップページ | ニュースいろいろ »

2010/03/25

7万円の自作3Dプリンタキット「CupCake CNC」を買ってみた

MakerBotの自作3Dプリンタキット「CupCake CNC」が到着。

100325_01

CupCake CNCというのは、溶かしたプラスチック樹脂を積層して立体物が作成できる3Dプリンタの自作キットで、

こんなのや

4150542287_02cf1be9e1_m

こんなの

4323042688_2e03732695_m

こういった形から

4270425050_aff008c938_m

さらにはこんな物まで作ることが出来ます。

Front_low_display_medium

その他サンプルの画像は下記サイトあたりにまとまってます。

Things tagged with 'Makerbot' - Thingiverse

実際にプリントしている動画はこちら。

販売しているMakerBotのサイトはこちら。

MakerBot Industries

標準キットで750ドル(約6万9千円)と3Dプリンタとしては破格の安さです。
今回購入したのは、標準キットにATX電源やケーブルなどが付属し、基板の部品も実装済みというDXキットの方でこちらは950ドル、送料や関税も含めると約10万円。
なのでタイトルの7万円というのはちょっと正確じゃなかったりしますw

国内の販売店Hot proceedからも購入できますが、標準キットが157,500円とMakerBotから直接買うよりかなり割高です。その代わりに独自の日本語マニュアルが付いていたり、組み立てから完成後のソフトの使い方まで完全サポートを約束していたりと、アフターサービスにかなり力を入れているようなので、海外からの購入や組み立て時のトラブルに少しでも不安があるなら国内販売店から購入するのもありだと思います。

私はMakerBotから直接購入しましたが、発注したのが1月中旬、当初は2月下旬発送予定だったのに遅れに遅れて実際に発送されたのが3月18日、届いたのが3月25日と到着まで2か月以上かかりました。
現在も生産が追いついてないようで、今注文しても発送は5月下旬以降になるみたいです。Hot proceedの方はどうなのか知らないけど。

注文して2か月以上も経ってしまうと当初あった興味も薄れてしまい作る気力もなかなか湧いてこないんですが、せっかく買ったものなので少しずつでも組み立てていこうと思います。

今日の作業は届いたパーツとパーツリストとの照合。ここでいきなり不足している部品が数点見つかりました。
不足しているのは当分の組み立てには支障なさそうなパーツですが、こういったことがあると組み立てる気力がさらに半減してしまう。ということで今日の作業はおしまい。

次は不足部品が届いてからになるかも。完成までの道のりは遠いのであった。

続く

« ブルーレイ「風の谷のナウシカ」7/14に発売&予約開始 | トップページ | ニュースいろいろ »

コメント

自作フィギュアが作れそうですね!
彩色がメンドイですがw

臭いが心配…

この手のプリンタで出力された物の強度ってどうなんだろ?
軟らかすぎるってことはないですよね。

造幣するんですね、わかりますw

日本代理店のCupcakeCNCキットは、日本製の素材を使って再設計しているそうなので、海外製より納期が早くて済むそうです。

>>水星工房さん
サイトのまとめ組み立て時に参考にさせていただきました。似たような部分でいろいろとトラブったので非常に役に立ちました。

本家の方も今では納期もだいぶ早くなったようですが、それでも数週間はかかりますからねぇ。
先日MakerbotからHBPや補修用部品購入した際も在庫があっても注文から到着まで10日ほどかかりました。
Hotproceedさんから購入していたら補修用部品もすぐ入手できるんでしょうけど^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ブルーレイ「風の谷のナウシカ」7/14に発売&予約開始 | トップページ | ニュースいろいろ »