« PSPシステムソフト6.10リリース | トップページ | 週末のネタ »

2009/10/02

ソニー、磁界共鳴型を使った高効率な「ワイヤレス給電システム」を開発

ソニーが、電源コードを接続することなく、60Wの電力を50cm離れた電子機器に給電効率80%という高効率で電力を供給できる「ワイヤレス給電システム」を開発したと発表しました。

Sony : 磁界共鳴型を使った高効率な「ワイヤレス給電システム」を開発

磁界共鳴型の非接触給電技術を採用することで、デバイス相互の位置関係がずれていても高効率の給電が可能で、送電・受電デバイス間に金属があっても、その金属が熱くなることもないそうです。

デモ様子やシステム詳細はTech-On!(要登録)に掲載されています。

ソニーがワイヤレス給電でテレビを駆動,伝送距離を伸ばす新技術も(動画あり)

 
また、10月6日より開催されるCEATEC 2009への出展概要も発表。

Sony : 「CEATEC JAPAN 2009」出展のご案内

ソニーブースでは、

  • 2010年に商品化を目指す3D対応の液晶テレビ<ブラビア>
  • 毎秒240フレームのハイフレームレート単眼レンズ3Dカメラ
  • 「Transfer Jet」(トランスファージェット)
  • ブルーレイディスクレコーダー
  • パーソナルコンピューター“VAIO”新シリーズ
  • インタラクティブデジタルサイネージプレイヤーとしてのPS3の可能性
  • 曲がる有機ELディスプレイ

などの機器・サービス・技術展示が行われるとのこと。

またPS3については、

  • PlayStation3の演算処理能力を活かしたグラフィカルなエフェクトや画像処理技術によるインタラクティブなデジタルサイネージのデモを実演。
  • 複数台のPS3を同期制御することによる迫力のマルチディスプレイ表示。

ということで、PS3をデジタルサイネージで利用するデモ展示が行われるようです。

« PSPシステムソフト6.10リリース | トップページ | 週末のネタ »

コメント

ワイヤレスはミニノート系で使えると劇的に便利なんだけどなぁ、あと携帯電話の充電とか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« PSPシステムソフト6.10リリース | トップページ | 週末のネタ »