« ニュースいろいろ | トップページ | 任天堂、広視野角・大画面になった「ニンテンドーDSi LL」発表、11/21発売 »

2009/10/28

超高精細モニタ6台で11520×4800ドットのデスクトップ環境を実現した人

IBMのQUXGA-W(3,840×2,400ドット)対応超高精細22.2型液晶ディスプレイを6台使って11,520×4,800ドットのデスクトップ環境を実現した人が現れました。

【3840x2400】QUXGA-Wのモニタpart4【200ppi】

251 名前:不明なデバイスさん[sage] 投稿日:2009/10/26(月) 03:13:57 ID:R0MXpaFH
SAPPHIRE HD 4850 X2を3枚で6画面組んでます。
6画面も必要ないんだけど組んでしまいました汗

1920x2400 48Hz デュアルリンクx12です。

261 名前:不明なデバイスさん[sage] 投稿日:2009/10/26(月) 22:41:15 ID:R0MXpaFH
写真とりました。

ttp://up3.viploader.net/pc/src/vlpc000908.jpg
091028_01

画面解像度11,520×4,800ドットというと、画素数で約5,500万ピクセル、これはブルーレイなどのフルHD(1,920×1,080ドット約207万ピクセル)の26倍以上。
プリントスクリーンでデスクトップをキャプチャするとBMPで158.2MBにもなります。

今年の9月にATIが行ったEyefinityのデモでは、4枚のビデオカードと24枚の液晶ディスプレイを使って11,520×4,800ドットのディスプレイを実現していましたが、同じ解像度を個人で実現してしまうとはすごい。

ちなみにこの環境に使われているIBMの液晶ディスプレイT221、販売当初は1台200万円ぐらいしたようですが、今では中古が3.5~4万円と、当時の50分の1以下の値段で購入出来ます。

« ニュースいろいろ | トップページ | 任天堂、広視野角・大画面になった「ニンテンドーDSi LL」発表、11/21発売 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ニュースいろいろ | トップページ | 任天堂、広視野角・大画面になった「ニンテンドーDSi LL」発表、11/21発売 »