« PS3プロトタイプの分解画像 | トップページ | Xbox360の周辺機器としてブルーレイドライブが出るかも »

2009/10/22

東芝、モバイル機器向け燃料電池を10/29に発売

東芝が、ダイレクトメタノール方式を採用したモバイル機器向け燃料電池「Dynario(ディナリオ)」を3,000台限定で発売すると発表しました。

東芝、ダイレクトメタノール方式採用のモバイル機器向け燃料電池「Dynario」を発売

販売台数は3,000台の限定、東芝の直販ウェブサイトShop1048にて本日から受付を開始し、10月29日より順次発送となっています。
気になるお値段は、燃料電池本体に専用の燃料カートリッジが5本付属して29,800円。
燃料カートリッジは5本セットで3,150円。

091022_01

出力はDC5V 400mA、1回の燃料注入(14ml)で携帯電話を約2回充電可能となっています。
専用燃料カートリッジの容量は1本50mlなので、1本で携帯電話約7回の充電が可能、充電1回あたりの燃料コストは約90円といったところ。

本体3万円でも燃料を補充すれば繰り返し使えるので、使い捨ての携帯型燃料電池Medis Power Pack(約2,200円)に比べたら割安にも思えるけどそれでも高すぎ。

« PS3プロトタイプの分解画像 | トップページ | Xbox360の周辺機器としてブルーレイドライブが出るかも »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« PS3プロトタイプの分解画像 | トップページ | Xbox360の周辺機器としてブルーレイドライブが出るかも »