« PS3 120GBモデル(CECH-2000A)を分解してみた その1 | トップページ | 東芝初のBDプレーヤー「BDX2000」を発表、北米で11月発売 »

2009/09/03

PS3 120GBモデル(CECH-2000A)を分解してみた その2

PS3 120GBモデル(CECH-2000A)を分解してみた その1の続き

薄く軽くなった新型PS3「CECH-2000A」分解の続きです。

090903_15
基板は上下シールドで挟まれています。

090903_17
冷却ユニット
右側のヒートパイプが付いてる方がCell/B.E.用、左がRSX用

090903_16
冷却ユニットの重さは545g

歴代モデルの冷却ユニット(ファン含む)の重量
20/60GBモデル(CECHA00) :805g
40GBモデル(CECHH00) :725g
80GBモデル(CECHL00) :625g

090903_18
電源ボタンとディスクイジェクトボタンの基板

090903_19
シールドを外したところ
基板名はDYN-001、初代COK-001から数えて7世代目となる基板です。

090903_20
Cell/B.E.とRSXが実装されてる場所の裏側
ELPIDAのXDR DRAMは512Mbit品が表に2個裏に2個の計4個
プロードライザは8個から4個に減りました。
4個はすべてRSX用でCell用がなくなっています。

090903_21
基板表側
80GBモデル(CECHL00)と同じようにWLANなどもすべて1枚の基板上に実装されています。

090903_22
CellとRSX周辺

090903_27
画像奥のI/Oコントローラーも前モデルより一回り小さくなっています

090903_23
Cell/B.E. CXD2992AGB

090903_24
RSX CXD2991EGB

090903_25
初代60GBモデル(CECHA00)の基板COK-001とのサイズ比較
左がCOK-001、右がDYN-001

081030_25
昨年分解した80GBモデル(CECHL00) と60GBモデルの基板比較

上二つから3モデルの基板サイズを比較してみた。

090903_26
左80GBモデル、真ん中60GBモデル、右120GBモデル

PC Watchも分解しています。

PC-トピック--新型PS3「CECH-2000A」ハードウェアレポート
うちで分解していないBDドライブ内部や、RSXのヒートスプレッダまで剥がしてます。
RSXは65nmのままなのでダイサイズは80GBモデルから変わってないですね。
 
過去のモデルについての分解記事など。

2006年11月発売の初代60GBモデル(CECHA00)
PS3を分解してみた その1
PS3分解その2、60GB版との違いは?
PS3の分解その3、放熱構造を調べてみた
PS3分解その4、電源ユニットの中身

2007年11月発売の40GBモデル(CECHH00)
速報!PC Watchより早く新型PS3分解したよ その1
速報!PC Watchより早く新型PS3分解したよ その2
PC Watchより早く新型PS3分解したよ その3
新型PS3分解したよ その4
新型PS3 40GBモデル分解、その他の画像編

2008年10月発売の80GBモデル(CECHL00)
新型PS3 80GBモデル(CECHL00)を分解してみた その1
新型PS3 80GBモデル(CECHL00)を分解してみた その2
新型PS3 80GBモデル(CECHL00)を分解してみた その3

« PS3 120GBモデル(CECH-2000A)を分解してみた その1 | トップページ | 東芝初のBDプレーヤー「BDX2000」を発表、北米で11月発売 »

PS3/PS4を分解してみた」カテゴリの記事

コメント

>>ELPIDAのXDR DRAMは1Gbit品が表に2個裏に2個の計4個 
 
おいィ?それだとメモリ容量が倍になってしまうんだが?

ご指摘ありがとうございます。
512Mbitの間違いです、修正しました。

自分のはファームウェアが2.85だったので、PC Watchと同じ8月に作られたものみたいです(HDDも東芝でした)。
ファームウェアが2.76だとまりんさんと同じ時期に製造されたものみたいですね。

同じモデルでも製造時期によってファンの形状が異なるのには驚きました(汎用ファンなのか不明ですが、独自のファンだとすると金型を変えるだけでも大変ですよね)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« PS3 120GBモデル(CECH-2000A)を分解してみた その1 | トップページ | 東芝初のBDプレーヤー「BDX2000」を発表、北米で11月発売 »