« PS3システムソフト2.80リリース | トップページ | PS3の珍しいレッドスクリーン・エラー »

2009/06/24

敗軍の将ブルーレイを語る

本日開催された東芝の第170期定時株主総会にて、株主総会後に退任予定の西田社長(退任後は会長)がブルーレイディスクへの参入について含みを持たせる発言をしたようです。

【09株主総会ライブ】東芝(3)HD-DVD撤退「もはや覆水盆に返らずだ」

株主の「今後ブルーレイに参入するのか」という質問に西田社長は、

「現時点ではHD-DVDから撤退しましたが、米国ではブルーレイが成功しているとは思えない。もっと戦った方がよかったということもあるが、もはや覆水盆に返らずだ。ブルーレイは国内ではレコーダーとして伸びているが、海外では現在のDVDでいいというお客が圧倒的だ。欧米でも従来のDVDプレーヤーが売れているので、今後も出し続ける。ただ、ブルーレイの規格ということでは、SDカードのフォーマットを将来どう持っていくかということがあり、ブルーレイも視野に入れていかないといけない。負けたから一切やらないということではなく、柔軟性を持ってフレキシブルに対応していきたい」

と回答したとのこと。

西田氏が社長のうちはHD DVD陣営を率いていた体面もあってブルーレイへの参入はない、西田社長が退任したらブルーレイへ参入するというような噂も流れてましたが、果たして噂通りなことになるんでしょうか。

« PS3システムソフト2.80リリース | トップページ | PS3の珍しいレッドスクリーン・エラー »

BD/DVD」カテゴリの記事

コメント

ワンダーさんとか、大人げないと言っていいレベルで感情的に戦っていましたけど、どのツラ下げてBDの製品を発表するのやら。
悪趣味だが、ちょっと見てみたくはある。

HD-DVDやめるのはかまわないけど、その技術を他国に売るのは理解しがたいね。
ましてや中国なんて・・・
日本の技術の発展を妨げる行為じゃないか
国益よりも会社の利益を優先した売国奴ですな東芝は

出したとしても適当にOEMで出すだけのような気が・・・

SDカードとの連携で考えているので、
当然、パナのOEMでブルーレイを出すと思います。
ちょっと楽しみではあるが、すでにパナのBWで
十分なのですが、RDのブルーレイが出れば、
プレイリスト作成を多用する人で、すでに
A600とかX7、8を持っているユーザーには、
iLINKでの連携(ムーブ)が出来るので、
のどから手が出るほど欲しいと思います。
可能なら、X9で出して欲しいけど、たぶん
X9は秋にすでに企画が決まって出るので、
ちょうど区切りの良い2010年にX10とかで
発進するんでしょうね・・・たぶん買うけど。

記事の通りだと、家電では今後も堂々とDVDのまま行くというような言い回しですね。なので多分RDとかは無いんじゃないでしょうか。SDカードの件はおそらくBDのマネージドコピーやBDレコのSDカードへのデジタル放送録画(notワンセグ)などに対して、SD-Video規格などの拡張を示唆したものではないかと思いますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« PS3システムソフト2.80リリース | トップページ | PS3の珍しいレッドスクリーン・エラー »