« メモステPRO Duoより安いメモステマイクロ8GB買ってみた | トップページ | 「レッドクリフ Part 2」BD/DVD発売決定 »

2009/06/10

光センサー液晶パッド搭載シャープメビウスPC-NJ70Aレビュー

モニター当選したシャープのミニノートPC「メビウスPC-NJ70A」、1週間ほど前に実機が届いたので、これから数回に分けてレビューしていきます。

レビューの前にメビウスPC-NJ70Aについて軽く説明。
PC-NJ70Aはシャープが約1年ぶりに発売したミニノートPCで、CPUにはAtom N270(1.6GHz)を搭載、HDD容量160GB、10.1型WSVGA(1024×600ドット)のワイド液晶を搭載と、所謂ネットブックと呼ばれるミニノートPCとほぼ同等のスペックですが、世界初となる光センサー液晶パッドを搭載することで他のネットブックとの差別化を図ってます。

まず第1回目は製品の製品の第一印象と光センサー液晶パッドを体験した感想など。


本体外観とか

デザインに凝ったPCは梱包にもコストをかけてデザイン性の高い梱包にしてますが、メビウスPC-NJ70Aでは2色刷段ボール箱の周りを化粧箱で覆うという方法で、コストを抑えつつ見た目も考えた梱包を実現してます。

090609_05
この演出はうまいアイデアだと思う

天板はツルツルテカテカの光沢仕様、ブラックだと指紋や汚れが目立ちそうなのでホワイトを選択しましたがこれは正解でした。

090609_03
メビウスマークが自己主張しすぎ?

キーボードはこのサイズのミニノートとしてはごく標準的。変なキーレイアウトになってる部分も特になく、ミニノートのキーピッチにさえ慣れてしまえば違和感なく使えます。

キーボード手前のパームレスト部分と光センサー液晶パッドは一体型のアクリルパネルで全面が覆われており、光センサー液晶パッドとパームレストの境目がないフラットなデザイン。

090609_04
右端のシールは撮影後ただちに剥がしました

重量1.46Kg、厚さ23.3~39.8mmと最近のネットブックからするとかなり重くて厚いのが残念ですが、シャープのノートPCとしては近年希にみる良デザインに仕上がっていると思います。


動作について

OSがVista Home Basicなので動作はかなり遅いだろうと覚悟していたけれど、Firefoxでブラウジングするぐらいなら十分実用範囲内の速度です。
すべての動作がモッサリというイメージだったのでこれは意外でした。

ただしOSの起動時間やアプリのインストール/アンインストール、設定変更などはモッサリ動作でPCのスペック不足を実感させられます。


光センサー液晶パッドについて

メビウス「PC-NJ70A」最大の特徴でもある光センサー液晶パッドは、デバイスマネージャからは「SHARP LCD-Pad Driver」「HID準拠マウス」と認識されており、内部でUSB接続されているようです。


液晶パッドはパームレストと一体になったアクリルカバーで覆われたデザインで、質感の向上に一役買っているものの、指で触れてもタッチパッドの端がどこなのか分からない、表面がツルツルなので指の滑りが悪いなどの欠点も。

液晶パッド領域に表面がサラサラなノングレアな液晶保護シートでも貼れば解決しそうだけど、取説によると液晶パッドに保護シートを貼るとタッチパッドの動作に悪影響を与える可能性があるということなので、これは実際に試してみる必要がありそうです。


タッチパッド下部にはボタンが3つ、真ん中のボタンはマウスのセンターボタンとしては使えず、液晶パッドの動作モードを「マウス操作」と「タッチ操作」に切り替えるボタンとなってます。


「マウス操作」モードは通常のタッチパッドとして使用するモードで、マルチタッチにも対応しておりブラウザ表示の拡大縮小や画面スクロールなどの操作も可能。
カーソル操作は若干スムーズさに欠けており、特にマルチタッチ操作では認識しなかったりタイムラグがあったりとタッチパッドの反応の遅さが気になります。
ドライバのアップデートで改善できるなら対応して欲しいですね。


「タッチ操作」モードでは、液晶パッド上に表示される専用のホームメニューのアイコンを直接タッチして操作します。

090609_06
タッチ操作のホームメニュー

メニューには光センサー液晶パッドをアピールするために作られた各種専用アプリが登録されていてアイコンクリックで起動します。

専用アプリの中で最も使い勝手が良いと感じたのが「手書き文字」。
ZAURUSや電子辞書Papyrusなどで培った手書き文字認識のノウハウが活かされているのか地味なアプリながら完成度は高いです。
ただしせっかくの使えるアプリなのに読みが分からない漢字を調べる時ぐらいしか利用シーンがないのが惜しい。


「手書きイラスト」は、タッチパッドをペンタブレットとして使い絵を描いてフレームで飾りスタンプを貼るというプリクラみたいな事が出来るアプリです。
出来ることは面白いんですが、全体的に動作が遅い、undo機能が実装されていないなどアプリの完成度はイマイチ。

090609_07
手書きイラストで描いた絵

undo機能があるだけで使い勝手はだいぶ良くなると思うので、今後のアップデートによる改善・機能追加を期待。

ということで、第1回のレポート終わり。

« メモステPRO Duoより安いメモステマイクロ8GB買ってみた | トップページ | 「レッドクリフ Part 2」BD/DVD発売決定 »

コメント

レビュー乙です。
液晶パッドは、予想どおりUSB接続なんですね。
ラグは、USB接続のモニタと同じで表示延滞のせいでしょうか?
USB3.0になれば、改善されそうなきもしますね。

unsoになってますよ

ご指摘ありがとうございます、unso部分修正しました。

運動できないかと思った

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 光センサー液晶パッド搭載シャープメビウスPC-NJ70Aレビュー:

« メモステPRO Duoより安いメモステマイクロ8GB買ってみた | トップページ | 「レッドクリフ Part 2」BD/DVD発売決定 »