« PSPシステムソフト5.51リリース | トップページ | ウォルマート、ブルーレイディスクプレーヤーを128ドルで販売 »

2009/06/11

Microsoft Money販売終了、製品ブランド消滅へ

マイクロソフトが、個人ユーザー向け資産管理ソフト「Microsoft Money Plus Edition」のパッケージ版の出荷を7月末で終了、ダウンロード版の販売も9月末をもって終了すると発表しました。

Money Plus Edition 販売終了とオンライン サービスのご利用期限についてのお知らせ

新たなバージョンの発売予定もなく、「Microsoft Money」という製品ブランド自体が消滅することになりました。

また、 Money Plus Edition のオンライン サービス機能である「為替・株価の更新」や各金融機関の取引明細を自動でダウンロードできる「明細自動ダウンロード機能」についても2011年1月31日で終了するそうです。

Microsoft Money98の頃から10年と7ヵ月に渡ってMoneyシリーズで家計簿をつけ続け、すべての資産管理をMoneyでしてきたというのに。

他のツールに乗り換えたとしても、今まで入力してきたデータが完璧にエクスポート出来るかどうかも分からないし、そもそもMoneyのように総合的な資産管理が出来るツールなんて見あたらないというのに、これからどうしたらいいんだろう。

« PSPシステムソフト5.51リリース | トップページ | ウォルマート、ブルーレイディスクプレーヤーを128ドルで販売 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« PSPシステムソフト5.51リリース | トップページ | ウォルマート、ブルーレイディスクプレーヤーを128ドルで販売 »