« キヤノンとパナソニックがフルHD録画対応デジタル一眼を相次いで発表 | トップページ | ソニー、アクトビラ ビデオ・フルのダウンロードに対応したBDレコを発売 »

2009/03/26

メーカー各社が次世代ディスプレイの量産計画見直し、ソニーはFEDの量産化を断念

NIKKEI NET:薄型パネル、次世代型の量産中止・延期相次ぐ ソニー系など

本日の日経新聞紙面記事によると、ソニーと投資ファンドなどが共同出資するエフ・イー・テクノロジーズは、次世代ディスプレイ「FED(電界放出ディスプレイ)」の量産を中止し会社を清算する方向だそうです。
また、東芝松下ディスプレイテクノロジーは、今年10月に予定していた石川工場での小型有機ELパネルの量産を半年ほど延期するとのこと。

現在生き残るのに必死という状況で、将来の事業への投資どころではないんでしょうね。

キヤノンのSEDについては記事中で触れられていませんがどうなってるんでしょうか。
特許問題が決着し「事業化に向けた研究開発を続ける」ものの「量産時期については未定」ということでしたけど。

« キヤノンとパナソニックがフルHD録画対応デジタル一眼を相次いで発表 | トップページ | ソニー、アクトビラ ビデオ・フルのダウンロードに対応したBDレコを発売 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« キヤノンとパナソニックがフルHD録画対応デジタル一眼を相次いで発表 | トップページ | ソニー、アクトビラ ビデオ・フルのダウンロードに対応したBDレコを発売 »