« 富士通、東芝へのHDD事業譲渡を正式に発表 | トップページ | 映画「1408号室」はレンタル用のみBD/DVDハイブリッドディスク »

2009/02/18

2008年のブルーレイ大賞は「ダークナイト」が受賞

AV Watch:'08年“最優秀Blu-ray Discビデオ”は「ダークナイト」に

DEGジャパンが、2008年発売のBDビデオを対象に優れた作品を表彰する「DEGジャパン・アワード/ブルーレイ大賞」の受賞作発表と表彰式を開催し、「ダークナイト」がグランプリを受賞したそうです。

各賞の受賞作品は以下。

ダークナイトのグランプリ受賞は納得です。
ワーナーのBDは、初期の作品に多かった片面1層VC-1という仕様のせいで画質が良くないというイメージでしたが、ワーナーもやれば出来る子、ダークナイトのおかげでこの悪いイメージも払拭出来たんじゃないでしょうか。

それにしても2006年当時に高画質といわれていた作品も今観ると普通だったり、BDが出始めた頃に比べて全体的に画質が向上してきましたね。
最近観たBD作品で驚いたのが「羅生門 デジタル完全版」、圧倒的な高画質というわけではないけれど、約60年前の作品ということを考慮するとその画質は驚異的。
特典として修復前とデジタル復元後の比較映像が収録されており、デジタル復元技術による画質向上が一目瞭然です。

090218_01
復元前

090218_02
フィルムの傷やホコリが皆無、画面揺れもかなり軽減

これ観るとゴジラHD化はまだまだがんばれたのにと思ってしまう。
ちょっとハードルが高すぎるかもしれないけれど、今後旧作をBD化する際には「羅生門」を超える画質を目指して貰いたいところ。

« 富士通、東芝へのHDD事業譲渡を正式に発表 | トップページ | 映画「1408号室」はレンタル用のみBD/DVDハイブリッドディスク »

BD/DVD」カテゴリの記事

コメント

たしかにダークナイトおもしろかった!
さりげなく攻殻機動隊入ってる

>>笑さん
ダークナイトは作品としても面白いですよね
前作のバットマンビギンズもダークナイト観たあとに再度視聴しなおしたら評価が上がります

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 富士通、東芝へのHDD事業譲渡を正式に発表 | トップページ | 映画「1408号室」はレンタル用のみBD/DVDハイブリッドディスク »