« PS3ついにクラックされる? | トップページ | ソニーがCESでVAIO type Pを正式発表 »

2009/01/07

ブルーレイのイメージ調査、ブルーレイといえばソニーと矢沢永吉

AV Watch:“ブルーレイ”のイメージは「SONY」と「矢沢永吉」が上位

インターワイヤードがネット上で実施したBlu-ray Discについての調査結果が公開されました。
Blu-ray Discの認知度について、「詳しく、仕組みや特徴などを知っている」と回答した人が12.0%で「何となく、仕組みや特徴などを知っている」が42.9%と、約55%が仕組みや特徴を知っていると回答。
また、Blu-ray機器所有者は全体の14.7%で、うちBDレコが3.7%、PCが7.9%、PS3が5%となっています。

「ブルーレイと聞いて思い浮かぶイメージ」については、1位が「ソニー」、2位が「矢沢永吉」、3位が「画質がきれい」と、ソニーの宣伝広告がそのままブルーレイのイメージになっているようです。

パナソニックはソニー以上にBDの技術開発に貢献してるというのに、ブルーレイといえば「パナソニック」とイメージする人はソニーの10分の1以下という結果に。
パナソニック(´・ω・) カワイソス

« PS3ついにクラックされる? | トップページ | ソニーがCESでVAIO type Pを正式発表 »

BD/DVD」カテゴリの記事

コメント

他社がアクオスやディーガのCMをしているときに1社だけ「ブルーレイ」の宣伝をしていた効果が出た、ということでしょうか。

パナソニックはBDでは2層関連の技術全般やBD-ROMのスピンコート製法関係、H.264ハイプロファイル、BD+、BD-JAVA、ドライブの開発等多くの項目で主導していた割には地味な印象ですね。
DVDやSDメモリカードも盟主なのに全然イメージと結びつかないです。

何故か3DOとかPDとかDCCとかのイメージは完全にパナソニックですけれど(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« PS3ついにクラックされる? | トップページ | ソニーがCESでVAIO type Pを正式発表 »