« HDD事業再編?富士通が東芝にHDD事業売却との報道 | トップページ | DEGジャパンが優れたBD作品を表彰する「ブルーレイ大賞」を創設 »

2009/01/14

レーザーディスクプレーヤー終了のお知らせ

ついにパイオニアがレーザーディスクプレーヤーの生産を終了するそうです。

AV Watch:パイオニア、レーザーディスクプレーヤーの生産を終了

今後「DVL-919」、「CLD-R5」、「DVK-900」、「DVL-K88」の4機種 計約3,000台の製造をもってLDプレーヤーの生産を終了するとのこと。
レーザーディスクの方は2007年3月末にメモリーテックが最後の製造ラインを停止しており、すでに生産は終了しています。
ちなみに最終プレスは川中美幸の「金沢の雨」だったそうです。

それにしても2002年に一時撤退を検討したものの利用者からの要望で製造を続けることを決定し、それから6年以上も生産を続けていたんですね。

Amazonで購入:Pioneer CLD-R5 CD/LDプレーヤー\34,650
Amazonで購入:Pioneer DVL-919 DVD/LDコンパチブルプレーヤー\77,905

« HDD事業再編?富士通が東芝にHDD事業売却との報道 | トップページ | DEGジャパンが優れたBD作品を表彰する「ブルーレイ大賞」を創設 »

BD/DVD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« HDD事業再編?富士通が東芝にHDD事業売却との報道 | トップページ | DEGジャパンが優れたBD作品を表彰する「ブルーレイ大賞」を創設 »