« AnyDVD HDがAACS MKB V12に対応 | トップページ | アレックスモールトン最大30%の値下げ »

2009/01/31

ブルーレイへの私的録画補償金は4月から

NIKKEI NET:「ブルーレイ」課金は4月から 文化庁方針

文化庁がBlu-ray Discレコーダーとメディアへの私的録画補償金の課金を4月1日から実施する方針を固めたとのこと。
補償金が課金されるようになれば、

録画機器では、基準価格(カタログに表示された価格の65%)の1%
ただし、録画機能が1つの機器であれば上限は1000円
メディアでは、基準価格(カタログに表示された価格の50%)の1%

の補償金がかかるようになります。
ただしブルーレイへの録画に対応した機器のほとんどはDVDにも記録できるのですでに補償金は課金されており、今回課金対象になるのはBDにしか録画できないシャープのBDレコ内蔵テレビやHDDレスBDレコぐらいかと。
メディアは1枚2~10円ぐらい補償金が上乗せされそう。

« AnyDVD HDがAACS MKB V12に対応 | トップページ | アレックスモールトン最大30%の値下げ »

BD/DVD」カテゴリの記事

コメント

関係ありませんが、
パナのBW*50シリーズは出荷時点でV7~V9が混在してるようです。
自分のBW950はV8でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« AnyDVD HDがAACS MKB V12に対応 | トップページ | アレックスモールトン最大30%の値下げ »