« 低速メディアに8倍速書き込み可能なBDドライブ買ってみた | トップページ | PC Watchも新型PS3 80GBモデルを分解 »

2008/11/04

カノープスのCellベース「SpursEngine」搭載カードの詳細が判明

日経プレスリリース:トムソン・カノープス、高速エンコードでBlu-ray作成など実現するコーデックアクセラレーターを発売

トムソン・カノープスが発売を予定している東芝製高性能メディアストリーミングプロセッサー「SpursEngine」搭載H.264/MPEG2コーデックアクセラレーター「FIRECODER Blu」の発売日と価格が決定しました。
11月21日発売で、価格は税別49,800円(税込52,290円)。
同梱ソフトとしてファイル変換とBlu-ray/DVDへの書き込みを行う専用ソフト「FIRECODER WRITER」が付属、編集ソフト(EDIUS Neo)は付いてきません。

HDV1080iからH.264への変換は素材時間の約半分、SD解像度のMPEG2からSD解像度のH.264への変換であれば約1/4の時間で可能だそうです。
また、映像のアップコンバート/ダウンコンバート機能も搭載しており、SDからHDへのアップコンバート時には「超解像技術」を用いたスケーリング処理によって高密度の映像生成が可能とのこと。

関連
2008/10/29:Cellベースの「SpursEngine」搭載カード発売日と価格が決定(リードテックの方)

« 低速メディアに8倍速書き込み可能なBDドライブ買ってみた | トップページ | PC Watchも新型PS3 80GBモデルを分解 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 低速メディアに8倍速書き込み可能なBDドライブ買ってみた | トップページ | PC Watchも新型PS3 80GBモデルを分解 »