« PS3のFolding@homeがグッドデザイン賞を受賞、大賞候補に選出される | トップページ | 真ん中に穴の開いた不思議な立体パズル「Void Cube」買ったよ »

2008/10/09

PS3の内蔵FlashROMの容量について

なんかPS3news.comの記事を元に、最近発売されたPS3の北米版80GBモデルではファームウェア格納用のFlashROM容量が従来モデルの512MBから128MBに減っているという情報が出回っていますがそれ全くのデタラメです。

まず、従来モデルのFlashROMの容量が512MBというのが間違い。
さらに北米80GBモデルから128MBに減ったというのも間違い。

PS3のメイン基板は2008年7月時点で4種類存在することが確認されています。

  • COK-001:初代20GB/60GBモデル(EEありGSあり、Cell90nm)
  • COK-002:欧州60GBモデル(EEなしGSあり、Cell90nm)
  • SEM-001:欧米40GBモデル(EEなしGSなし、Cell90nm→Cell65nm)
  • DIA-001:国内40GBモデル(EEなしGSなし、Cell65nm)

※8月末に欧米で発売された80GBモデルはまた別基板かも。

それぞれの基板に実装されているFlashROMですが、

  • COK-001:256MB(SAMSUNG K9F1G08U0A)128MB×2
  • COK-002:256MB(SAMSUNG K9F1G08U0A)128MB×2
  • SEM-001:256MB(SAMSUNG K9F1G08U0B)128MB×2
  • DIA-001:128MB(Spansion S29GL128N90)128MB×1 128Mb×1

※当初S29GL128N90は128MByteとしていましたが128Mbitの誤りでした。
S29GL128N90 data sheet(pdf)

とPS3の初期モデルのFlashROM容量は256MBであり、昨年11月に国内で販売された40GBモデルから16MBになっているというのが正しいです。
ファームのほとんどがHDDに格納されるようになったと思われます。

21:20追記
40GBモデルはファームウェアがHDDに格納されていることを実際に検証して調べてみた。

初期60GBモデル(2.43)のHDDを他システムのHDDと入れ替えると…

081009_15
HDDフォーマットが必要という表示に

081009_16
フォーマット完了後に再起動するとPS3が通常通り起動します

PS3の40GBモデル(2.43)のHDDを他システムのHDDと入れ替えると…

081009_17
システムソフトを入れ直せとのメッセージ
USBメモリにアップデートファイルを入れて操作を続けてみる

081009_18
HDDのフォーマット開始

081009_19
フォーマット完了後に再起動するとシステムアップデートが始まります
アップデート完了後に再起動するとPS3が通常通り起動します

ということで、40GBモデルからファームウェアの大部分はHDDに格納されていたことが今更ながら判明しました。
それにしても40GBモデルを分解した時にチップ型番調べとけばすぐに分かったことなのになんでそれをしなかったんだろう…

  
おまけの参考画像

COK-001
081009_02081009_03
081009_13

COK-002
081009_04081009_05

SEM-001
081009_06081009_07

DIA-001
081009_08081009_09081009_14

ついでに、COK-001とCOK-002には第一世代のヒートシンク、SEM-001には第二世代品、DIA-001には第三世代品が実装されています。

081009_10
第一世代のヒートシンク

081009_11
第二世代のヒートシンク

081009_12
第三世代のヒートシンク

RSXが65nmと噂される10/30発売の80GBモデルは第四世代品が載ってそうですね。

関連
Tech-On!:「こんなに小さくなりました」,古河電工がPS3向け第3世代のヒートシンクを展示

« PS3のFolding@homeがグッドデザイン賞を受賞、大賞候補に選出される | トップページ | 真ん中に穴の開いた不思議な立体パズル「Void Cube」買ったよ »

GAME」カテゴリの記事

コメント

Spansion S29GL128N90はNANDではなくNORメモリですね。
NANDNORを跨いだモデルチェンジは非常に珍しいです。

変な噂が出回ってると思ったら、やっぱりガセでしたか。

さすがポケニュー管理人!おれたちにできない事を平然とやってのけるッ
そこにシビれる!あこがれるゥ!

16M・・・?

それなら、40GB版は、インターネットが使えない人は
HDDが故障あるいは換えたとき、
2.43以降が入ったゲームディスクを持っていなければ、起動出来なくなるということに。

FlashROMではなくてFlashRAMでは?

反論記事書くつもりが自爆w
すげーアホwwwww

40GB版の発売以降のディスクが有れば取りあえず事足りるだろ
ちなみに40GB版はv1.97で出荷されたらしい

RAMとは一般的に揮発性の物を指します。
EEPROMのように、昔から書き換え可能な物でROMとつくものもあります。
マスクROMとROMを間違えてはいませんか?

"FlashROM"と"FlashRAM"でググるとすぐ分かるとは思いますが。

多分 投稿: | 2008/10/09 22:41 は、
基本情報を勉強し始めた新米に違いない。
まだ参考書1ページ目の知識とw
FlashROMは3ページ目あたりに書いてあるから良く勉強するんだぞw

この記事、ゲハにリンクされてしまってるので注意してください。
やや手遅れのような感じもしますが。

GIGAZINさんも、ゲハのようにPS3をネガティブに書かない、というだけで叩かれている場所ですからねあそこは。
ま、隔離病棟ですな。

投稿: | 2008/10/09 22:41
おめえすげえあほだなw

つーか、起動OSがHDDに入っていたからって
ユーザーとして困る事は何もないのに、必死でネガキャンしてる時点でアレなんだよな。

「HDDが壊れたらどうするんだ!」って、そもそもHDDが壊れたら
ファームウェアどころの騒ぎじゃなくなるだろ。
直せるファームよりも、もう元に戻せないセーブデータの方が大変だっての。

むしろ16MBに減ったおかげで読み書きする容量が減って良いんじゃないかと思えてしまう。

ひどい記事だ。

MBとMb の違いもわからないとは・・・。

正しいのはなんなの?
記事読んでもわかりづらいんだけど。

>2008/10/11 13:39
ひどいコメントだ。
「128Mb×1」「40GBモデルから16MB」ってちゃんとって書いてるじゃん
これで理解できないとかバカなの?死ぬの?

>2008/10/11 14:03
煽っているお前もなんなの?馬鹿なの?死ぬの?

おまえら自重しる

最近何かあるとすぐ「バカなの?死ぬの?」とか
荒れてるのを見て管理人は何もしないの?

コメント規制や削除をするのは簡単ですが、利用者を信じてこれ以上荒れることはないと判断して静観していました。
皆様におきましては荒らしと思われるコメントに対しては大人な対応をお願い致します。

なんしかゲハの隔離病棟からの患者は触らぬが吉ですな

NORを使うとライトイレースに時間がかかることがネックでしたが、これだけ容量が下がれば問題ない範囲になったということですかね?
NAND内のファイルを管理するためのNANDコントーラが不要になったとはいえ、今のNANDの単価下落は異常でコスト的に合うのか?ですが、128MB=1GbのNANDなんてもはや供給できないという事情もあったのでしょう。

メモリが減って60Gでは見れるサイトが新型では見れないってことはないんですか?

>>初心者さん
それはないので安心してください
減ったメモリはPS3のファームウェア(OS)が保存されているフラッシュメモリで、40GB版からは一部を除いてHDD上に保存されるようになっただけです。
ワーク用のメモリ(RAM)が減ったわけではありません。

>>まりんさん
ああ、そういうことだったんですね
自分はパソコンもってないかなりの「初心者」のもので理解するのに時間がかかりましたw
それから2.50のバージョンアップきてからメモリ不足になりにくくなりました
youtubeでまえは三つぐらいですぐに「メモリ不足です」ってなったんですけど6個開いても大丈夫です 以前は途中までしか見れなかったフラッシュも全部みっれる用になりました
理由はわからないんですがps3でネットしてる自分にはうれしいかぎりです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« PS3のFolding@homeがグッドデザイン賞を受賞、大賞候補に選出される | トップページ | 真ん中に穴の開いた不思議な立体パズル「Void Cube」買ったよ »