« ブルーレイ「マトリックス」北米盤が届いた | トップページ | アースソフトのPT1販売開始、25日深夜0時から抽選販売する店も »

2008/10/24

PS3 80GBはRSXも65nmなことが確定

AV Watch:PS3とPSPの新ファームウエア詳細をSCEに聞 今後の方向性は「ネット連携」?

毎度おなじみAV WatchのPS3とPSPシステムソフトウェア開発者インタビューが掲載されています。

DCTP-IP対応については、「現在検討していますが、リリースは未定」だそうです。
次回のインタビューではDTCP-IP対応の苦労話や開発秘話が聞けることを期待。

メインのインタビュー記事も非常に気になる内容ばかりですが、記事の一番最後に非常に重要な情報が掲載されていました。

なお最後に、ハードウエア的な情報を一つ追加しておきたい。

 10月30日より、日本でもHDD容量を80GBに増やしたPS3が発売になる。松井氏によれば、「ハードウエア的な仕様変更はほとんどない」とのこと。ただし、40GB版では90nm世代のプロセスで製造されていたRSXが、80GB版では65nm世代に変更される。SCE広報の説明によれば、日本では出荷される80GB版の全数がCell、RSXともに65nm世代となる。

海外80GBモデルの消費電力などから80GBモデルはRSXも65nmにシュリンクされているとはいわれていましたが、SCE広報が公式に65nmのRSXを搭載していることを認めました。

« ブルーレイ「マトリックス」北米盤が届いた | トップページ | アースソフトのPT1販売開始、25日深夜0時から抽選販売する店も »

GAME」カテゴリの記事

コメント

つーことは、45nmは来年かのぅ?

DTCP-IP対応の苦労話は、技術的側面よりも、
社内/社外の政治的な折衝がメインになりそうですねw

>DCTP-IP対応については、「現在検討していますが、リリースは未定」だそうです。
何回も聞いた台詞だ
もう対応出来ない気がしてきた

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ブルーレイ「マトリックス」北米盤が届いた | トップページ | アースソフトのPT1販売開始、25日深夜0時から抽選販売する店も »