« 2層50GBのBD-R DLが1枚あたり776円に! | トップページ | ブルーレイ機器所有者の3人に1人はブラウン管で視聴 »

2008/10/29

Cellベースの「SpursEngine」搭載カード発売日と価格が決定

PC Watch:リードテック、東芝「SpursEngine」搭載カードの発売日が決定

リードテックより発売予定の東芝「SpursEngine」搭載拡張カード「WinFast PxVC1100」の発売日と価格が決定しました。
11月14日発売で、店頭予想価格は29,800円前後の見込み。

コーレルのビデオ編集ソフト「DVD MovieWriter」とDVD再生ソフト「WinDVD」のSpursEngine対応版がバンドルされ、SpursEngineを利用した超解像度変換や高速トランスコード機能を利用することが出来るようになっています。

« 2層50GBのBD-R DLが1枚あたり776円に! | トップページ | ブルーレイ機器所有者の3人に1人はブラウン管で視聴 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

リードテックのも気になるけど、個人的にはカノープスの方が気になる
人柱になるべきか、人柱の屍を越えるべきか

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2層50GBのBD-R DLが1枚あたり776円に! | トップページ | ブルーレイ機器所有者の3人に1人はブラウン管で視聴 »