« Blu-ray「ゴッドファーザー ブルーレイBOX」購入 | トップページ | ガンダム00セカンドシーズン早くもDVDとBD同時リリースが決定 »

2008/10/06

ダイナコネクティブ、実売2万円を切るBDプレーヤー

AV Watch:CEATEC JAPAN 2008【PC周辺機器/地デジ編】

現在幕張メッセで開催中の「CEATEC JAPAN 2008」にて、ダイナコネクティブが実売で2万円を切るというBlu-ray Discプレーヤー「DY-BDP100」を展示しています。
2009年春発売予定とのこと。

また、2008年8月に実売1万以下という触れ込み(実際は実売1万2千円ぐらい)で発売された地デジチューナー「DY-STB200」なども展示しているとのこと。

今週の日経エレクトロニクス紙面記事に「5000円の簡易地デジ・チューナーは実現するか?メーカーは「価格ありき」に苦しむ 」という特集記事が載ってるんですが、その記事にダイナコネクティブの地デジチューナー「DY-STB200」が低価格を実現できた理由が書かれています。
記事によると、

東芝は、2008年2月にHD DVD規格に基づく製品の開発・生産から撤退したため、HD DVDレコーダーに搭載するはずだった自社製の地デジ用LSIの余剰在庫を抱えていた。ダイナコネクティブは、これを安価に仕入れることに成功したのである。

ということで、低価格を実現できたのは東芝のHD DVD撤退のおかげなんだそうです。
そのため地デジ専用の製品なのに搭載しているOFDM復調LSIは衛星デジタル放送にも対応しているオーバースペック品が使われているとのこと。
こんなところにもHD DVD撤退の影響が出ているようです。

« Blu-ray「ゴッドファーザー ブルーレイBOX」購入 | トップページ | ガンダム00セカンドシーズン早くもDVDとBD同時リリースが決定 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Blu-ray「ゴッドファーザー ブルーレイBOX」購入 | トップページ | ガンダム00セカンドシーズン早くもDVDとBD同時リリースが決定 »