« ビクターBDソフトの量産を年度内に開始、ソニーは国内5割増産 | トップページ | CEATEC JAPAN 2008が開幕 »

2008/09/29

三菱が箱形BDレコーダー正式発表、薄さ40mmのワイヤレスTVも

PhileWeb:三菱電機、厚さ約40mmのワイヤレステレビとスクエアデザインのBDレコーダーを発売

三菱電機が、8月にコンセプトモデルとして発表していたスクエアデザインのBDレコーダー「DVR-BF2000」と、ディスプレイ部とチューナー部をセパレートタイプとし、フルHD映像を非圧縮無線伝送可能な超薄型液晶テレビ「REAL CD-46LF2000」を正式に発表しました。
2008年11月21日発売で、明日から開催のCEATEC2008に出品展示するそうです。

三菱電機のニュースリリースによると、

映像を表示する液晶モニター部と、地上・BS・110度CSデジタルチューナーと無線(送信)ユニットを内蔵したステーション部に分け、映像信号や音声信号を無線で伝送します。これにより、液晶モニター部は電源ケーブルのみの接続となり、すっきり・シンプルな設置を実現するとともに、ステーション部の設置は、ソファなどの視聴位置や壁のアンテナプラグの近くなど、これまでにない自由なレイアウトが可能となります。

とのこと。
TVの方は赤外線リモコンでいいとして、BDレコの方はIR方式だと結局設置場所が限られるような気がするんですけど。
BDレコの全操作がTVのHDMIリンク機能で出来るようになってるのかな?

« ビクターBDソフトの量産を年度内に開始、ソニーは国内5割増産 | トップページ | CEATEC JAPAN 2008が開幕 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ビクターBDソフトの量産を年度内に開始、ソニーは国内5割増産 | トップページ | CEATEC JAPAN 2008が開幕 »