« iPhone 3Gを実質8,000円割引で買う方法 | トップページ | ブルーレイディスク版「ルパン三世 カリオストロの城」、Amazonで予約開始 »

2008/09/22

ソニー、45nm版Cell/B.E.の量産を2009年より開始

日刊工業新聞:ソニー、最先端半導体を量産へ

日刊工業新聞によると、ソニーが2009年に45nmプロセスを採用したCell/B.E.の量産を開始するそうです。
2008年2月にISSCCで発表された際には量産予定時期が2008年末から2009年初め頃ということだったので、ほぼ計画通りのプロセス移行となりそうです。

量産開始から3~6ヵ月後ぐらいには搭載製品が市場に出てくると思われるので、2009年4~9月頃には45nm版Cell搭載PS3が発売されそうです。
RSXも45nmにシュリンクしないことには大幅なデザイン変更は厳しそうなのでこのタイミングでPS3が薄小さくなるかは微妙ですけど。

関連
PC Watch:後藤弘茂のWeekly海外ニュース ISSCCに次世代Cell B.E. 45nm版が登場

« iPhone 3Gを実質8,000円割引で買う方法 | トップページ | ブルーレイディスク版「ルパン三世 カリオストロの城」、Amazonで予約開始 »

GAME」カテゴリの記事

コメント

FF13の発売時期と重なりそうですね^^

あれ?東芝に売った工場は?

東芝から買うって形になってるとか・・・

Cellを製造している製造ラインは複雑なことになっているんですよ。
流れとして、
・ソニーセミコンダクタ九州(SCK)の長崎テクノロジセンターという工場の敷地内にソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)がFab1とFab2という製造棟を建設
・SCEがSCKにFab1とFab2を譲渡
・SCKがFab2でCellの生産を開始
・SCKがFab2を東芝に売却
・東芝とソニーとSCEが共同出資して合併会社「長崎セミコンダクターマニュファクチャリング(NSM)」を設立
・NSMが東芝からFab2の製造設備の一部(300mmウェハライン)を借りてCellを生産
となっています。

簡単に説明すると、
「ソニーの工場内の一部設備を東芝が買い取り、さらにその一部を東芝とソニーとSCEが共同で設立した会社が借りてCellを生産している。」
という状態です。

なので今回の報道は正しくは、「東芝、ソニー、SCEの合併会社が2009年より45nm版Cellの量産を開始」となります。

なんだかYAHOOのモデムビジネスを思い出しました。
そのNSMという会社は本社がケイマン諸島とかじゃないですよね?w

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« iPhone 3Gを実質8,000円割引で買う方法 | トップページ | ブルーレイディスク版「ルパン三世 カリオストロの城」、Amazonで予約開始 »